無料ブログはココログ
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

春が近づいています

1月4日にはまばらな花でした

14

1月4日の梅も。今は散り花になってます

14_20210214170601

2月14日 さすがに変わります。桜(河津)は早や葉桜の模様

214

今年は足をケガしてこの一か月蜂山には行けません。

休めということですかね。

2021年1月 2日 (土)

新しい年がきました

コロナ禍ですが、日は巡ります。どうやら3が日は晴天です。日本海側の方々は雪で大変でしょうね。

東を望むと国府津、三浦半島です。西湘の海。

Photo_20210102162901

足掛け9年の蜂場作り終わりました。伐採、開墾、整地、植栽。花満開・爛漫はいつでしょうか。

Photo_20210102170801

早咲きの菜の花。いいですね、

箱根駅伝は今日が往路。明日も晴天のようです。

Photo_20210102171001

梅がわずか花をつけてます。冬至を過ぎて、コメ一粒。

2020年12月26日 (土)

徘徊、死滅

アカリンダニには、日本中で怨嗟の声があがりました。Kウイングを見たときの衝撃はさぞかしのことでしょう。似たような病例があります。のぜマ病です。黒カビが病因ではないかと言われています。Kウイングでもないのに徘徊、遠ざかる蜂がでて、やがて群れは衰退し、消滅する。下痢と巣門の激しい汚れが特徴です。黒カビが疑わしい箱が出たのできれいにしました。カビ落とし、漂白剤を使っても落ちません。いろいろやった挙句煮沸しました。黒カビは60度以上で10分も煮ると死滅するとありました。煮沸して、金たわしでこすると落ちました。冬の間の作業です。

Photo_20201226093501

焼いても洗っても落ちません。そこで

Photo_20201226093701

一斗缶を横切りして鍋の代わりに。卓上コンロで煮ました。

この一斗缶もいまは入手しにくく、大分探しました。

金たわしでこすると、きれいにおちました。やれやれ。

 

 

 

 

15年前

15年前の夏、観音様のお寺

Photo_20201226091001

銀杏の大木があると聞き、訪れる。

Photo_20201226092301

ソフトが変わったらしく写真の反転ができない。とりあえず。

この木の頭上には洞がいくつもある。そこを凝視しているとなにやら

ふわーん ふわーん

Photo_20201226092701

生きている蜂、飛んでいるニホンミツバチを見つけた瞬間でした。

Photo_20201226092901

対して、来春の準備は取り掛かり中、天候不順の今年を挽回したいものです。

栽培の金両辺はまだ海とも山とも言えません。最悪誘引パテを求めるようです。

 

 

 

2020年10月 8日 (木)

2020年9月23日

春から、大スズメとの出会いは少なく、トラップにかかるのも小型ばかり。対策が功を奏したと思っていた。

9月23日午前、衝撃の蜂場

Photo_20201008075102

わずか半日、ついた時には爆撃機が飛び交っていた。3群の逃去、消滅

大スズメは退治したが、辛うじて残った群れに口惜しのガードを付ける

Photo_20201008075101

オオスズメバチは二重の障壁で、入ることはないだろうが、

時すでに遅し。

給餌は外に変更した。

 

2020年9月19日 (土)

消滅集落

にぎやかな集落も、時を経るにしたがって寂れていく。一軒、一軒と去り、静寂だけが残る

Photo_20200919163101

誰もいなくなった集落で、たった一人の草むしり。何が楽しかろうか

Photo_20200919163201

もう少し涼しくなったら草焼きをする。山ヒルも同時に焼いてしまうので大分安心だ。

この辺りは野面群が確実にいる。その算段をいまから考えておこう、半年先を。

Photo_20200919163601

大事に育てたユリノキもここまで太くなった。数本ある。ほしい日陰も増えて、今年はずいぶん楽であった

Photo_20200919163901

樹冠に足りないのは花。待てどくらせど来ぬ花の、春待つ日々のやるせなさ。

2020年8月29日 (土)

猛暑・みつばちも

春は早く、梅雨明けは遅い、残暑は続く。悩ましい今年の陽気

Photo_20200829165401

逃散か、蜜枯れか、不在のマンションが増える

20

今や、その群れの独占に等しい蜂場もある

Photo_20200829170001

ああ無常

 

2020年8月13日 (木)

一転、猛暑・酷暑

人間と蜂の体温は近い。35度を超えると共にうだる。巣門の前の群衆。

Cimg3189

無理もない。エアコンの無い箱ですから

そこで酷暑用のベースに交換

Cimg3193

底部から風が入り、天井抜けていく・・はず・・・。

結果は効果ありやなしや

Cimg3191

2020年7月11日 (土)

みつばち分教場

今年は梅の実が不作だそうな。以前にもそういう年があった。やはり春が早かった。分蜂は予想外の展開となり第一分蜂から一旦途切れて、空白期間の後、第二、第三となったが、数は少ない。女王の更新はどうしたのかと思う

Photo_20200711153801

昨年は4カ所に分散して飼育。今年は2カ所でしかない。最後の自然群の入居は荒天の二日後、7月1日であった。

Photo_20200711153301

日本蜜蜂を飼いたいが方法がわからない。準備したが一向に入居しない。生徒が二人出たので分教場を開設する。

Cimg3126

ここは人家のそば、監視カメラ付き。新人も今からなら、来年の準備は間に合うだろう。

2020年4月30日 (木)

飛び立つ春よ

絢爛豪華。花と咲く分蜂

Photo_20200430064801

そして固まる

Photo_20200430065101

ああ無情

Cimg3180

飛び立つ春は別れの春

Cimg3181

不可思議な春。分蜂板には1群もとどまらず加えて5群の逃散

理由不明。新蜂の定着は野面群をいれて4群。ああ無情

 

 

«雄蓋発見