無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

飛び立つ春よ

絢爛豪華。花と咲く分蜂

Photo_20200430064801

そして固まる

Photo_20200430065101

ああ無情

Cimg3180

飛び立つ春は別れの春

Cimg3181

不可思議な春。分蜂板には1群もとどまらず加えて5群の逃散

理由不明。新蜂の定着は野面群をいれて4群。ああ無情

 

 

2020年3月 7日 (土)

雄蓋発見

3月6日 晴天 雄蓋発見

Photo_20200307084301

急がねば 分蜂板をとりつける

Photo_20200307084401

本日は小気味いいほどの晴天 気温18度

さあ本番。 ウン? 分蜂もそうですが蜜蜂泥棒! 先日の日経新聞にでていた記事。1群3万~4万もいる蜂を盗めるのは素人ではできません。慣れた者です。思い出しませんか?。

Photo_20200307091301

飼育場所を届け出るのはやむを得ませんが、情報は協会に筒抜 け、ザル漏洩。忘れはしまい、忘れてはならぬ。あの顔。犯罪人は現場に戻る。

2020年2月20日 (木)

ホーホケキョ 急げ 々 とホケキョ鳴く

鶯の初音 2月20日 春到来

Photo_20200220171501

この梅の木の中 姿不明

Photo_20200220171601 Photo_20200220171602

早咲き菜の花 今盛り

Photo_20200220172201

蜂は陽気に飛び出した。暖冬で冬休みはなかったろうなあ。

 

2020年2月 4日 (火)

暖冬・よもや冷夏?

梅です。梅まつりが開催されています。

Photo_20200204162801

桜です(河津)ぽちぽちです。来週から桜祭りです。

Photo_20200204163001

冬の暖かいはありがたいですが、夏が心配。長雨、猛暑、花が足りない等々。

Cimg3133

それでも準備はせにゃなりません。深編笠ならぬ、長編笠。この蜂場は近くに留ってくれない。

2020年1月27日 (月)

Sustainablu里山第四稿 1ー1

遠く 近い記憶

Susutainabule_20200127093701

里山 里と聞くと 懐かしむ 遠い記憶がよみがえる 彼の川の遊びがよみがえる。 ひもじい 寒い 野良作業 山仕事 辛い 悲しい 大変なことも裏返しにあるが・・。 高度成長期の 都へ 々 へとなびいた人口移動は 一面 担い手の断絶。百姓していては嫁も婿もこない。 先祖代々が崩壊する。 やむを得ません 食えないのですから。 見渡せばどぶ川と暗渠 杉、ヒノキと乾田 将来の里山の復活は望むべくもない。 かくして田舎の崩壊 里山の消滅が今日まで続く。

消えるべくして里山

Photo_20200127100001

里山が生れた歴史 果たしてきた役割 崩壊 消滅を訴える悲鳴。 しかしそもそも 悩んでいるはずの現地の意識はどのようなものか。 外部者には農地法 農業委員会 水利権 その他農家を保護してきたはずのものが 妨げになっていないかとも見える。 これに因襲 不信 抜け駆け やっかみの 足の引っ張り合いが加わる。 里山の保全を声高に叫ぶ現地に みずからの問題 その里の保全の意識が どれほどあるのかと 疑問符がわく。 どう見たらいいのか 案外粛々と消えるその日を 待っているのではないか。

 

里山はなぜ生まれたのか

Photo_20200127101001

自然界の食料を狩る 大地を耕して食料を得る 衣食住に必要なものを作る。 煮炊き 暖房に不可欠の燃料を得る。 この大地を耕し しがみついて 連綿と生きてきたその命の源 供給源が里山。

 

里山はなぜ荒れるのか

Photo_20200127102201 Photo_20200127102201

プロパンガス 石油 電気と化石燃料に移り 薪を使用しなくなると 如実に山が荒れたのは事実。 里山から生活物資を得なくても良くなった。 何キロも歩いて薪を拾いに行くこともなくなった。 歩くこともない。 車で山の奥まで行ける。 元の背負子に戻れますか?。 楽しくも辛くも 最早あの山野に戻らなくてもいいのです。 里山を必要としなくなりました。

 

農業をやめた土地持ち非農家

Photo_20200127103501

里山は誰のものか

個人の物です。所有者の責任で管理いただきたい。 管理できなくなったからと言って 責任を地域 行政 国なすりつけないでいただきたい。 総務省発表の「過疎」 昭和36年(1961)以来 傾向は変わらずとされています。

1998年の青森市「青森市中心市街地活性化基本計画」もすでに10年余。 コンパクトシティ構想としていまや 全国に迫ります。 「過疎地域自立促進維持特別措置法」もいつ過去のものになるやも。 もはや戻らぬ故郷。

 

因襲 古くから伝えられてきた風習 多くの場合 避難の意を含んで用いられる

里地 里山とは 因習の地 祖霊の地 石ころ一つに先祖がからむ

Photo_20200127104801

すでに わが子も継がない里地、里山を 残りの老人で維持できないことは とうにわかっていることです。 所有者も 地域も 自治体も その地域がシュリンクしていくことは わかっています。 前述の 過疎地の試算は 昭和36年起点。  そこから人口動態をみています。 しばらくすれば 日本中がやむをえない過疎に入れば 誰も何も言わなくなる。 皆で渡れば怖くない。

 

わが身のほか始末なし

どうしようとも どうにもなりません。 我が身のほかはかまっていられません。 ふるさとがなくなる 歴史が消える 郷愁の合唱は得てして 政治を通して 無定見の税金投入につながる。 集落住民それぞれは 互いを尊重するかに見えて 実は無責任 てんでんばらばら 我が身の他始末なし。 実は口で危機を唱えているだけで ほどなく消えていくことを 自覚しているのではないか。それはそれでやむをえないこと。 消えていくことを自覚し 生活インフラのあるところへ 暫時転居することを選べばいい すべての住民がそこに残ることもない。 かくして コンパクトシティへの道が開かれる。

 

呪縛からの解放は優良農地を原野に戻す

Photo_20200127110801 Photo_20200127110901

人工の減少は食料の減少でもある。 食料の減少は生産農地を必要としない。 飢餓に怯え 食うために切り拓いてきた野山も 食が足り 家族が減り 耕作する意味がなくなった。 伝来の地は目的を果たしたのです。 必要性を失ったのです。 子は去り 親族も減り 墓の守り役もいなくなった。 皆 農業をやめたのです。 奇妙な土地持ち非農家の出現と まん延です。 先祖のくびき 因習の呪縛の解放の証左です。    

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月 4日 (土)

鼠(ね)が走る 7周目の ラストラン

5Gが来たる、おじいは無縁

リニア走るも乗れもせず

人生100年先に行く 新年おめでとうございます

Cimg3123

この桜は山桜。対して梅は一輪も咲かない不思議な年

Cimg3118

春を待つ蜂場 今年は如何に

Cimg3124

強風、熱射、盗難 これらを防ぐ新たな蜂場

蜂に呆けて十有余年。人間50年今は昔。90、100まであるとか。そんなにはない。

2019年11月28日 (木)

逃散から得たもの

今年の逃散は深刻でした。毎年天候は変わるので嘆いてもはじまりませんが。

これは再掲載の写真です。これを見ると ア・ジャー と思いますね。

Photo_20191128093701

カラ、カラです。時期はとうに栗の花が終えた後です。仮説を建てました。

大スズメも来てない、衛生管理も悪くない。蜜不足です。周囲には蜜源がないと

蜂が判断したのだと。このままでは群れの維持、冬越もできないと判断したと

理解しました。問題は、周囲の蜜源量の把握ができないことです。蜜蜂にも聞け

ないことです。この時期に飛び立たせて悪いことをしたと反省しました。

Photo_20191128095302

逃散の内2群は通報があって取り込みました

その内1群は3日後に新天地へ飛び立ちました

再逃散の理由はわかってます。5㌔以上離しましたが、女王蜂逃亡防止を怠ったからです。

次年度は、重々注意します。(自分に)

もう1群は9月の初めに飛び出しました。この時期では生存は絶対無理だと言われています。

なにくそと、給餌を頻繁にし、更にに一工夫したところ、居つきました!。

この対策は、給餌です。どのみち、どこへ行っても新たに巣を作るほどの陸はないわけですから、

ここには蜜がある。途切れることなくある!これが功を奏したと考えます。ただ給餌過多になると

仔出しをします。増群させたいわけですから仔出しは困ります。

蜜源量がどうか、給餌の必要性がどうか、わからないことが逃散の原因と考えた時思いつきました。

2_20191128100701

思いついたのがこの給餌器です。いくつかの予想外の効果を生み出してます。ヒットと思ってます。

 

 

 

 

2019年10月15日 (火)

この年と来夏

逃散。長雨、これが逃散を促したかしれないが、実に多くの空巣を生んだ年であった。蜜源不足をおこしたのやも。

Photo_20191015074501

スッカラカンとはこういうこと。7月~9月の魔の時。逃げ出した内、1群は取り込んだが居つかせるのは難しい。

19921

逃げ出した群れを取り込んだ時の写真。何としても生かすぞ。1か月たった今どうにか居ついた。巣も蜂数もいいようだ。

子供の頃からカエルに親しんでいる。今日待望の赤ガエルを見た。すでに春からは土ガエルが住み着いている。

Photo_20191015081601

やれやれ、冬間近か。カエルは冬眠準備春の夢。蜂飼いも同様早や、春の夢。

2019年8月 3日 (土)

逃散

今は暑い! しかし数日前までは連日の雨空。雨故か、蒸す故か、それとも。7月の末までは元気な群れが・・・。

逃散(1)

Photo_20190803135001

逃散(2)もう一つの群れ

Photo_20190803135201

同じ場所の2群が逃散。悲しや。

Photo_20190803135301

貯蜜ゼロ。スカスカの巣房だけが残る。

 

2019年7月25日 (木)

夏の憂鬱

雨ばかり。野山は湿気る。蜂も気鬱になる。この時期怖いのはこれ。

Photo_20190725075401

仔出し。

まだわからないが、女王不在になるとやがて雄ばかりの集団になり、群れは破滅。予感よ外れろ!

Photo_20190725075601

正常な飛翔、無駄のない巣門

Photo_20190725075801

異常疑惑。

 

«野面蜂が翔んで来たけれど