2017年3月31日 (金)

ようやく菜の花と蜂

隣の畑は菜の花畑 狭くてもよく咲いてます。

17

そこに居ました日本みつばち。周りは名の花、桜、が花粉源のようです。写真の上の方にとまっています。

17_2

この日のために播いた菜の花畑。それでも少しは伸びました。やれやれ。足柄桜は散り花、これから染井吉野、八重桜と続きます。

17_3

 

 

 

 

 

2017年3月 1日 (水)

春の準備

悔しや鳥ども。 期待していた菜の花畑は無残。ヒヨドリかムクドリか、あっという間に丸裸。
 
茎の部分がわずかに残るだけです。
 

Photo

やむなし。他を播くことにします。

Photo_2

畑を起こします。知り合いから借りてきました。小型の耕運機。

Photo_3

左上にわずかに菜の花が残っています。花が咲くやら咲かぬやら。

何を播くかですって? ソバにします。

2017年2月20日 (月)

春2番

恐ろしい強風。たまりません。朝の気温は21度。この大風も春の兆し。
 
下の写真はこの1月に終わった放棄荒廃農地の開拓後の姿。

10年続けた荒廃農地の開墾もこれで10カ所目。一カ所平均300坪か。これで開墾は終

わりにしたい。今後の使う場所は今までの開墾で自然群がいそうなところ数カ所に絞る。

Photo_5

今年の待ち桶の天板は巣枠的切込みのある物にする。巣枠でない、穴の開いた天板と同じ、天然の洞に真っ平の天井はないとして。

Photo_2

上には徘徊防止板を載せる。

今年の春1番と2番は強風。次にはメイストームがある。昨年雨除けにシートを張って効果はあった。タープ、これはどうか。

Photo_3

特価であったので使って見たい。

2017年1月 2日 (月)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。2017年がやってきました。IoTとか産業革命以来の激動だと言われています。以前はパソコンが使えなければ仕事ができませんでしたがもうついていけません。それでは、本年もお付き合いの程お願いしたします。

Photo

明るさ今一ですが富士山。左の雲がようやくとれだして写しました。

3

蜂場の椿です。ごらんのとおり、空は快晴。実に穏やかな正月です。

これだけでは寂しいのでとっておきの被写体をお見せします。

Photo_2

この地区1番の早咲きです。3本だけ咲きます。場所がいいのか、品種なのかはわかりません。

2016年12月20日 (火)

冬至間近

12月19日晴天。冬至は21日。 寒暖の差が激しい。群れはレインコートで凍結防止。

Photo

巣門は若干縮めて段ボールドア。

Photo_2

こちらの縮めは嫌いらしい。段ボールに変えます。黒い点々は泥はねです。

Photo_3

少し日の当たりの悪い場所はドンゴロスを巻きます。

Photo_4

春分の日までいておくれ。

 

 

2016年11月25日 (金)

54年ぶり雪の翌日

11月24日の雪。晩秋には54年ぶり。蜂も寒いでしょう。5月から11月ばまで咲いた黄花コスモスも終り。下には菜の花の苗が一面生え春を待ってます。

Photo

気温7度。それでも陽が出ればなんとなく暖かい。

Photo_2

蜂達の様子はどうか。この温度では出ていないと思うがいかが。

Photo_3

居ました。日向ぼっこをしています。寒いのに御苦労さまです。まだ防寒はしてません。

Photo_4

顔を出していない群れは春を待つや、待たずして逝くや。

2016年11月11日 (金)

蜜蜂の冷暖房

猛暑だった。巣落ちはなかったとはいえ、大きな課題。設置場所を再検討する。

Photo

地主に遠慮してたが検討しなおし。場所整備。入り口の茗荷谷畑をバッサリ。

夏は絶対涼しい。

Photo_2

植え替え予定のユリの木のある場所。この11月に植え替えてここも使用。椿など常緑樹ばかりで冬は気になるが、暑いよりはいい。 

5カ所まで開拓した置き場を3カ所に絞る。場所は空調第一。

Photo_3

整備中の場所。西日は遮る。前面は開いているが樫の木の林。暑いよりはいいか。

6

今年最低の寒さ。冬は近い。春も近い。

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月10日 (月)

長雨とレインコート

長雨には蜂も人間も参った!。 カビは生えるし雨水もかかります。

Photo

この上にポリ波板を載せてましたが、横からの吹き降りの雨は防げません。すだれや遮光ネットも今一。

Photo_2

そこで、スズメ蜂ガードの上までひさしを伸ばして~。前面の対策にします。

Photo_3

100均で買ったシートを二等分してかぶせました。長雨の最後の章で間に合いました。ばっちりの上、安価。冬越しすることを祈念します。

2016年9月29日 (木)

群れの弱体と巣虫で逃亡です。

1カ月ほど前からおかしい群れ。小型、尻光り、花粉運びなし。おかしい・おかしい群れでした。今日16:20分。妙な動き。

Photo_4

追いこんでも入りません。それどころか雄が天空を飛んでます。翌朝見るともぬけの殻。

Photo_6

女王蜂消滅、働き蜂産卵、巣虫繁殖、環境悪化、逃去です。残留蜂はいました。辛いしんがりです。最早これまで、処分。他に消滅する群れも出てきてます。大スズメも増えてます。

Photo_7

スズメ蜂対策にと、ガードに、トリカルネットをつけてみました。効果はいかに。

 

2016年8月29日 (月)

巣門交換と逃去

2カ月巣落ち防止で動かさずにいた基盤(巣門一体)を交換しました。

Photo_2

この日はえらいことが続いて参りました。分蜂です。

Photo_3

巣門交換の時だったのですが、時騒ぎかと思っていたところブン!です。取り込みはできましたが、今の時期は元巣とも今後が心配になります。まあダメでしょうね。

Photo_4

その次はこれ。きれいな巣です。アカリンは注意深く観察していて気配は無かったですが。逃走か逃去か一群消滅です。

 

 

 

 

«珍しい見学者です