無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 失礼しました わたしです | トップページ | 雪が降った »

2013年2月19日 (火)

日本蜜蜂の振興もお忘れなく

養蜂振興法が改正された 洋と和が「同じ法律・同じ罰則」でくくられた なにやら一方に傾いて見える 洋の世界を覗いてみることにした。 さすがに歴史あるだけあって協議会の上部には大物が鎮座している 下部組織は全国都道府県に支部を設け47名配置している 関連団体はもう国丸抱え 検査機関も丸抱え 学識の席もある なるほど法律の制定にはこのような近しい関係が大事であったか。 

  北海道から沖縄までの47の支部に関係する組織と人と物を考えればすごいものだ 

Photo_7               このたびの改正の柱の一つに「蜜源の保護増殖」がある 

          蜜源植物の保護増殖について
          法第6条第2項の規定に鑑み蜜源植物の保護増殖の一層の推進に努められたい。
          なお、蜜源植物の保護増殖に当たっては、養蜂振興のみを目的とした蜜源植物の定
          植は財政的な負担を徒に増大させるおそれがあるため、公有林、街路樹、公園等の
          整備の際に蜜源となる樹種を選定すること、田畑の被覆植物としてレンゲ、なたね
          等の蜜源となる作物を奨励すること等により、関係部局と連携しながら効率的な方
          法で施策を講じられたい。

         行政から以下の広報があった
     「養蜂振興法の改正点について説明をを行いました」     
     「蜜源として養蜂家が重要視している植物等について、関係省庁間で情報を共有しました」

まだこの時点では法改正に基づいて日本蜜蜂の飼育者は登録をしてない 西洋蜜蜂の事業者への配慮をしたということか 

ニセアカシアは重要な蜜源になっている 外来植物で駆除対象になっていると聞く 直下の協会は駆除に明確に反対している 大都市での養蜂振興はいかなる背景か・・・  駆除植物も荒れた山野の回復に有効の経緯もある この視点で駆除を切り抜けることもありか なにせ種は下流に散り放題。 

                改正法の成立は与野党一致であったと聞く 調べて見た                              
                こjこには与野党の対立はない なぜ?
Photo_13

                               

                本会議投票結果 第180回国会2012年 6月 20日 
                投票結果案件名 養ほう振興法の一部を改正する法律案(衆議院提出) 
                投票総数 232   賛成票 232   反対票 0  
                たいしたものだ                                                                       
              草場の爺っちゃんが言ってたな「投票は慎重にせなあかん」・・・と

花の時期を終えると西洋蜜蜂は転飼する 転飼を前提とした西洋蜜蜂の蜜源植物の増殖は ○○の蜜、▲▲の蜜に表現されるように一定期間に咲くの植物に片寄りかねない それに沿う蜜源選定であるか つまりは西洋蜜蜂はその花の期間のみの さよならポリネーションであるか  

日本蜜蜂は 定飼が前提でその地域で1年をすごす その地域のポリネーションに1年を通して貢献している

                     「同じ法律、同じ罰則である以上」
              「献金ではない 税金によっての施策であるならば」

   蜜源植物の増殖の施策・養蜂振興法が西洋蜜蜂に片寄ったことにならないよう願う

前略 各都道府県のの施策がいかなるものになるかを注視しましょう その状況を共有しましょう 国民に公開されてしかるべく求めましょう。

          沖縄から北海道まで日本蜜蜂を保護して親しむ声を挙げましょう!
                   公正と公開の声を届けましょう!



Photo

                          もうすぐ春がきます

« 失礼しました わたしです | トップページ | 雪が降った »

養蜂振興法と公開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本蜜蜂の振興もお忘れなく:

« 失礼しました わたしです | トップページ | 雪が降った »