無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 箱増しリフト と よもや女王蜂不在? | トップページ | 女王蜂不在 解体 »

2013年5月24日 (金)

市民農業者のはじめは10の提案の実践から

田舎生まれ もし時間ができたら 地域に何か できるもの 濡れ落ち葉にならぬこと あるかな こんなことを考えてた・・・  数年前 隣の市で地域活性化の Project の募集があって 応募 過去に 知り貯めたものを まとめて提案してみた 提案は10通り 提出後プレゼンの案内あり 補助金目当てではないので 断ってしもうた あとから蜜蜂の一件は良かったよと・・・

Photo_6

ProjectⅠー太陽系産業のパイロットファーム(断崖吹き上の風 用水路と水車 散策 遊休・放棄地)          ProjectⅡーみかんの花咲く丘)     (首都圏直行 自動車道路脇 遊園地一体 花咲く丘)   ProjectⅢー春日の局           (豪族の墓所 春日の局 伽藍再興 サグラダファミリア) ProjectⅣーかわいい子ヤギ       (放棄地改善 鳥獣害対策 山羊 所有者責任 迷惑)   ProjectⅤー早川・酒匂往還       (街道から街道 電鉄と徒歩回遊路 公共財と私財)      ProjectⅥーオーガニックマーヤ     (里地里山の概念 復元とコスト 人工増減 無理道理) ProjectⅦーコロニ―へ―ブ       (精神論と懐古 税金 所有権返上 里捨て人 宇宙人) ProjectⅧーウ―フ・グリーンツーりズム(Iターン Uターン 地域外生物 来訪に学ぶ タダボラ)  ProjectⅨー移住・住替え・現代長屋  (未知の地・未知の業 容易に戻る 気楽に泊・定住居)  ProjectⅩー事務局と活動支援     (運営分担 空間・水光熱 HP・ブログ 空教室 管理)

以上が提出した 絵空事 下の写真は ProjectⅤ の関連  この街道の西の起点は世界                                                                           に知れた観光地箱根 北は古の鎌倉往還と急峻な河川がある

Photo_5

数十年の勤めを終えた みな 自分ですることになる 時間はあるからそれでいいか   絵空事のような話は なかなか進まない 実践しかあるまい 動ける時間は短いのだ と 実に阿呆ごとに手を付ける

まずは 里地里山の条件である 環境の整備 篠竹のジャングル借用 280坪 伐採 開墾 恐ろしいほど手ごわい 以前、耕作放棄をすると 国土は 竹で覆われると聞いた 実感 手引き鋸 草刈機で刈る 草刈機が跳ね返される

Photo

道路脇 不法投棄 捨てほうだいの場所 大変だった 酔狂な人間と 思われただろう しかし 里山の条件は 人の手が 常に入っていること 荒れて何が埋まっていても  わからない土地は、地域はすでに 里地・里山の資格を失いつつある 行政 自治体 地主 責任所在は 救済と資金は税金なり 回復と維持を求めるものなり 

Photo_7
地目が農地とはいえすでに荒廃 救済回復には その場所、意味、意義を見直さねば 税が続かない 再耕作でなくても きれいな草間であれば 人の出入りがあれば 鳥獣の侵入も減らせる 耕地にも 戻せる その環境をいかに維持するか 耕作意識に脅迫されず きれいに管理  これが私のコロニ―へ―ヴ  作業小屋は 掘っ立て小屋ともいえないひどいです これで十分 かえって季節風に飛ばされません

                     すぐ近くのグランドにあるトイレと水

Peuan0si3l2s5m_1369989442


竹のジャングルも3年 風通りのいい不思議な場所に なりました 下の部分はみつばち 上の平らな所は野菜畑 見えるのは 麦と蜂蜜草 紅花  
田舎暮らしは 「どこの誰が 何をしているか わからない」 ではまずい それで市民農業者として 認知を図る 市民農業者は全面耕作が前提 この申請は一部のみの耕作 

知人の 「こんな考え方もあるのか!」 関係者への投げかけになる の声に押されて申請 とりあえず 通過 あのジャングルのままより ずっといいはず 通学の子供も安心かな                                             環境、自然に関心ある人と 農家、行政とのかい離は大きい 

Photo_4

« 箱増しリフト と よもや女王蜂不在? | トップページ | 女王蜂不在 解体 »

市民農業者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民農業者のはじめは10の提案の実践から:

« 箱増しリフト と よもや女王蜂不在? | トップページ | 女王蜂不在 解体 »