無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

ひまわりは満開 兼農提唱者は行動する

ユートピアのひまわりが早い 45日で咲く 緑肥植物で 施肥は不要 施肥してしまったらしい 背が高すぎて写真がとれない

Photo

この場所は 単なる農地 ここに季節を先取りして 様々な花を 楽しめるよう 工夫してきた 何もない 農道 散歩道 いつしか人が集まる 集まれば 何かを並べて 売る 勇気ある農家の 楽市楽座 先日絞ったはちみつを 差し上げた

Photo_2
この耕作者は 今春役所を定年退職 温めていた構想を実現すべく 動き出した 手始めに 何たるかを1冊出版した この後も続くらしい 名実ともに ユートピアになる日は いつ

Photo_4

ひまわりが咲きだして数日 早や、満開

Photo_5

2013年6月22日 (土)

里親を提案いただきました

蜜蜂を飼うには 家族の理解がいる と 申される  暗黙の了解 ”呆けるな” これが合言葉 古よりの呆け防止に 【みつばち】 ありや  はちみつを賞味いただいた方から 再度食したいとの反響 みつばちの里親はどうかな との提案も?  まずやってみようか!

早速 蜂場の草刈 まずはきれいにせねば クローバーの盛りが過ぎるまで 待っていた きれいさっぱり!

Photo_6

里親になっていただけるのは ありがたい 責任は大きい 真剣にやらねば

Photo_4

東京のTさんと 神奈川のYさん 里親の箱は 第一蜂場に据え置いた

Photo_5

 第二蜂場もある 桜の木の下 1個所全滅を防ぐための策 来年は ここで数群予定したい 周りは果樹畑   難点は 蠟梅の林で 暗いためか 蛾が実に多い どこも同じか・・・ 

Photo_8

                    募集要項は右欄のウエブページに掲載

続きを読む "里親を提案いただきました" »

2013年6月19日 (水)

重箱の採蜜

今年の分蜂は終了 昨年採らずにおいた 重箱の蜜を採ることにする 箱は外寸300㎜ 深さ250㎜ トントン叩くこと20分 上部にあるのは 乾電池式扇風機

Photo

残す箱とを切り離す ネットで知ったピアノ線

Photo_2

問題なさそうな巣 下の箱もびっしり

Photo_5

Photo_6

新しい天板は ステン金網の 空気穴付き 吉と出るか 凶と出るか

Photo_4

2013年6月 8日 (土)

早すぎる畑

ユートピアで桃を売りだした 6月1日販売開始 路地栽培では日本一 早いのかも

Photo

ここは固定客が随分ついている  右のテントの人も 重要な販売員 いや時間に余裕がある人? 1パック500円

Photo_6

 隣の畑は 45日で咲くひまわり もう咲きだした 年2回のひまわり畑 ミツバチ喜ぶ?!Photo_7

ハナアオイも 赤 白 濃紺 茜 クリーム ピンク いろいろある この林立もきれいだ

Photo_8

2013年6月 7日 (金)

垂れ蜜の容器 用具には

蜜蝋に回す前に 採蜜器具の確認をした 分離器はない 分離するほどない 垂れみつとやらが適正か ネットで調べた いくつもの 方法がある 垂直台はフラワースタンド・最上部は金ざるとオ―ガンジ―で組み合わす

Photo_9

テスト① 上段はオ―ガンジーの荒目? 下段はオ―ガンジーの細かい目  実に見事に すり抜ける 抜けすぎる

Photo_11

テスト② オ―ガンジーの細かい目でも早いかな 家にあるもの すったもんだと探して 茶こし 紅茶こし で テスト 【茶こし】 これが何と大当たり オ―ガンジーよりも 漉し効果あり 早速DIYで購入 試作・試用した

Photo_16

茶こしは最初流れない ダメ?と思ったら やがて流れ出した そして終了 これで行こう! そして残渣は煮ました 黄色い鍋の蓋に化けました

Photo_17

2013年6月 6日 (木)

女王蜂不在 解体

3回の分蜂のあと めっきり出入りがない群れがでた 大事な元巣の人一つ 出入りが少ない 雄蓋が出ている 手持無沙汰でうろつく蜂 ついに蜜が垂れた やむなし 解体する

Photo

 観察窓を開けると 何をするでもなく ドギマギしたかのような 動きをする 蜂も後ろめたいのか・・

Photo_2

分蜂を期待して大事にしていた群れ 3群だしてくれた ありがとうございました

Photo_3

この左から侵食された

Photo_4

数日後 この群れは 消えました

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »