無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« なぜでしょうか 猛暑だけとは思えません | トップページ | 黒蜜とはどんなものやら »

2013年9月 8日 (日)

汚れを少なく きれいで簡単に

蜜蝋を作るに こびりつきには 苦労する 前回、絞りまでは 簡便な方法に至った 捨てるのは玉ねぎ袋と絞りカスで 実に楽だ。 今度は精製時も簡便にしたい 容器を考える

100均で買ったポリプロピレンのキッチン用品 左はコップ(底抜きする)とガーゼ・オ―ガンジー  まん中は水差し(底抜き・脇切 り)  右はタッパー これを組み立てた

Photo_3

Photo_4

前回の蜜蝋を 鍋で温める そして流す 見事スッキリ 容器に溜まる

Photo_5

たくさん保管するのにも タッパーに入れて 整理できる

Photo_6

 後始末と再利用 そして何を捨てるかが 今回の狙い目

Photo_7
捨てたのは オ―ガンジーとガーゼのみ 鍋も暖かい内にこすれば きれいになる 漉し布はガーゼだけでいい これで後始末も再利用も 簡便になった 

« なぜでしょうか 猛暑だけとは思えません | トップページ | 黒蜜とはどんなものやら »

蜜蝋作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚れを少なく きれいで簡単に:

« なぜでしょうか 猛暑だけとは思えません | トップページ | 黒蜜とはどんなものやら »