無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 蜂場の整備 来年に備えて | トップページ | 来年は2年目になる 市民農業者 »

2013年11月 6日 (水)

伝来の農地は草が繁栄する

農村の環境や景観の保全第2弾
土地持ちは多い 財産家? 資産家? 伝来の農地を青田に保つのは難しい 手放すわけにもいかず 耕作する体力もなく 草は繁栄する 放棄地になることを防ぐ2つ目の実証を始めようか。 きっかけは黄花コスモス こちらは種を集めていた 相手は石臼を探していた 何度か会うちにお貸しすることになった 遠慮されたので蜂を置くことで成立

Photo_2
対象地全体はこんな感じ 全体は持て余し気味 果樹園?もボサボサ今の地主の体力が衰えたら ご多分にもれずになりそう ここに通ううちには きっと綺麗になる

Photo_3

一角は梅と柿の木を植えてある もはや収穫目的ではない

Photo_5
この梅か柿の木の下にみつばちを据えたらどうかなと思う 日陰は十分とれそうだ 周囲の目を防ぐ処置は必要 

Photo_4
第二蜂場は植栽の伐採計画がある 重箱を1群おいてある  移動を考えていた それを移動したらと思う 寒くなってから いざや Sasuthinaburu Satoyama 第二弾

Photo_6

« 蜂場の整備 来年に備えて | トップページ | 来年は2年目になる 市民農業者 »

Sasuthinaburu Satoyama」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝来の農地は草が繁栄する:

« 蜂場の整備 来年に備えて | トップページ | 来年は2年目になる 市民農業者 »