無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

Skypeに戸惑い Skypeに悩む

skypeなる通信手段がある 名は聞いてますが 振り込め詐欺に始まり パスワード 暗証番号 ワンクリックなど 善意を踏みにじる危険な罠の昨今 横文字規約は要注意してかかります さりとて  河豚も食べよう 推奨もいただきました。 

えいや!で 始めたSkype ディスプレイの画面が一致しない 悩みました~ こちらのディスプレイを掲示します。 まずスタート画面。

Skype

① skypeの(S)マークをクリックすると こうなります。 先に結論を言います この画面で構成されるソフトのインストールは やめましょう 使いにくいです。 後日、再掲載します。 

Skype1

② 更に 右にスクロールします すると登録したメンバーがでます(好みの自己イメージを表現できます)

Skype2

③ その次 左上の虫めがねを右クリックします 登録メンバーが上にでます

Skype5

④ 再度虫めがねを左クリック ここは通信先のアドレス入力画面です

Skype3_3

➄ 隣の受話器マークを左クリックします アドレス画面がでます

 Skype6

⑥ この個人アドレスをクリックすると変化します

Skype7

⑦ 最上部の文字をクリックします 通信要請の画面に変わります

Skype8

今! 相互承認先と 電話と同じに肉声で 会話できます。1時間でも○、○時間でも 無料通話のメリットは 実に大なる手段です 更なる通信として活用価値ありと 「スカイプは推奨」 します。

。 

2014年1月21日 (火)

新たな遺伝子への期待

海の近く 暴れ川を避けて通る古来よりの街道・丘陵地 細道が幾筋も東西をつなぐ 瓢箪から駒 日本みつばち愛好家を探し当てる 第三日曜日訪問 快晴 富士も晴れ晴れ みつばち日和  

Photo

山は低いが沢筋は予想外に急峻 故に雑木が切られずに残る 花粉、蜜源が豊富 山中の蜂の別荘 

Photo_2

 扉を開ける 正に冬モード 1発 目の上にバチンといただいた

Photo_3

南に開ける温暖の丘 日本中に 日本みつばちが少なくなる中 生き残る希少の地

Photo_4

山の農業小屋の周りのあちこちに箱がある 自宅の裏にも1群 やはり環境がいいようだ 日陰であるのに 門番は活発なり

Photo_6

新たな遺伝子を求めて 日本みつばちの自然なる繁栄を求めて もとよりの共存を求めて 来たれ 日本みつばち 健やかたれ!。

2014年1月18日 (土)

くい棒作り こんにゃく作り 

重箱の倒伏防止の杭棒を集めた サイズ毎に切る 60㎝のロープ掛け杭と 90㎝の横洞用の2種類 

Photo

ついでにキノコのほだ木も集める 山にはまだまだある  2~3年後には~ 山にも自生で! 

Bkvyhzrj9hghjth1390029812

前回こんにゃく作りが失敗 知人の作り方を夫婦で見学  フムフム そうか

次はこんにゃく玉の調達 ネットで群馬に発注 10㌔ いいのが届いた 5000円以上は送料 代引き手数料なし

Photo_3

特製の大しゃもじを急遽作る 丸太削りと 長柄合体つくり

Photo_4

完成 夫婦合作 遥か昔もあったような もう大丈夫だ 芋もあと8キロもある 

Photo_5

 

 

2014年1月 8日 (水)

今年はうま年 シシもいる年

午年 馬は見ない 里にイノシシの出没は頻繁 出生率は人間を超えたか? 生きた本物に初めて会う。 里の奥の家の罠にかかった。 当初は檻の中で突進 血だらけだったそうだが あきらめておとなしくなった。

Photo

夏の猪肉は食しないらしい。 すると天命もわずかなりしか

コンニャク玉を分けてくれた知人より電話あり 竹の間引きをするのでお手伝いがほしいと 了解する 

Photo_5

竹藪は真竹 味の良さで人気が出ている 一昔前は見向きもされなかった真竹だが・・・

実はこちらも竹を求めていた。 これで蜂場の垣根を作れる ありがたく運んでいただいた

Photo_3

過日 伐採したお寺の山に行く 杭棒とキノコの榾木の調達 ヒラタケ向きのミズキと シイタケ用のクヌギがいっぱい 楽しみだなあ

Photo_4

2014年1月 4日 (土)

安心の蜂蜜 不信の蜂蜜

子供が生まれたとき 蜂蜜は生育に良いといわれてました 協同組合等も薦めていた時期。 蜜蜂を飼育しようと思い立ってから耳に入る情報は 恐ろしいことばかり 知らぬとはいえ子に 罪深いことをしてしまいました。  黄河を涸らして尚且つ蜜源に余裕がある!? 隣国からの輸入量は9割を超えるという現実!。

Photo_2

西洋ミツバチのつもりが日本みつばちを飼う ことになった  生産性の低さは西洋蜂の比ではない しかし抗生物質やら何やらの薬漬けを思うと 西洋には手を出しにくい その土地で1年中ポリーネーションに励む日本みつばちは 可愛いものです。 普通、日本みつばちの蜜を差し上げると喜んでいただける。今団塊も憩う

Photo_3

日本には 日本養蜂はちみつ協会なるものがある 何が公正か知らないが 民間の団体だ これがまかり通る 関係役人の天下り先としても有名。

あくまでも民間の自主団体 実際は日本の蜂蜜業界を牛耳る。 砂糖 糖蜜 輸入 補助金 政官界方程式が成立する 比べてみればどこかの国の首都の知事はまだかわいい。

蜂蜜の表示は 脱臭・脱色したものでも あるいは○○以外のものを加えても 「国産天然はちみつ」と称しなければよいのだ。 下記の輸入量は 恐ろしき国からの輸入量つまり国産品はないに等しい!? すべて混ぜて、国産天然に化けてしまう!?

      
全世界でのはちみつ生産量
 (財務省:通関実績より

公正取引協議会規約
第2条 この規約において「はちみつ類」とは、はちみ つ、精製はちみつ、加糖はちみつ、巣はちみつ及び巣 はちみつ入りはちみつをいう。

(3) この規約において「加糖はちみつ」とは、はちみ つに異性化液糖その他の糖類を加えたものであっ て、はちみつの含有量が重量百分比で60パーセント 以上のものをいう。

このはちみつとは「はちみつ、精製はちみつ、加糖はちみつ、及び巣はちみつをいう。 全部○装?のことではないか!。

異性化糖を40% made inどこかの輸入蜜が60%で はちみつ名称で売られる この60%の蜜が信用できないものとしたら実に恐ろしい。さる協議会の規約を承認している政治家と行政が国民のことを考えていないことがわかります。(右webページ参照)

政官界方程式は容易に解けない公取や 消費者庁も同穴 期待できません スーパーの店頭を注意していたところ 希望が1つありました。 輸入比率を表示したこれでも誠意ある例です。 円グラフに表示されています。

Photo_4

市中ではちみつと称するものが売られている 考えても見てください あの小さなみつばちが あんなに大量に あんなに安価に集めることができると思いますか ありえないことです 表示違反の横行はご存知の通りです 「はちみつ不適正表示」でヒットします。

2014年1月 3日 (金)

此のセラピーロード④ 駅より谷筋へ

ローカルの駅で降りる 県道を越えて目印の寺に向かう 

Photo

横の神社脇を抜け 城址方向へ 地形上か 近くにも城址がある

Photo_2

このあたりの城址は何もない 寄らずに過ぎて 左の竹藪の小道を降りる 

Photo_3

降りて右へ 泉のある公園に出る 車で来て 場所に詳しい人はこの公園の駐車場に停めると楽

Photo_4

奥は杉林 水のしみ出るところを渡る 道は未整備 要整備 

Photo_6

やがて鉄塔に至る そこの沢沿いの小路を上る 夫婦杉を抜ける

Photo_7

すこし進むと セラピーロード①に紹介した落ち葉の路に至る 陽だまりの場所へ

Photo_9

2014年1月 1日 (水)

2014年に明けました

昨年の 養蜂者届出 赤リンダニの蔓延 すでに国中を駆け巡りました この地も無縁のはずはありません 隣国の鼻息に似て 厄介なことです。

元日の写真  湘南の海を臨みます

Photo

初富士です

Photo_4

今年期待の第二蜂場です 天然の日除け 常緑樹の奇跡 まさかですが第一蜂場とは 2度~5度低いです 目を疑います

Photo_5

第一蜂場が 特別暖かい環境のようです

Photo_6

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »