無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 日本蜜蜂保存会 埼玉OFF会 | トップページ | 蜂場で職務尋問されてしまった! »

2014年3月20日 (木)

よからぬ思惑

昨年暮れ 市民農業者を更新 期間は5年。 「SASUTHINABURU里山」 を提唱し、実証してきたが 自己欲に目がくらみ 本来の意図も理解せず 金儲けに利用する動きが出てきた。 またぞろ別な政治家を担ぎ出すそうな。 ここの地は構想を具現化する場所ではないようだ。 部外者の立ち入り禁止を厳しくする。 他に拠点を移すことも検討する。 増設した第二ゲート。 奥に第三ゲ―ト。

Photo

実証の猿真似は 小賢しきかな。 「Sasuthinaburu里山」、 守るのは大地であって 農地ではない。 ここでの理解の期待はやめよう。 この竹藪も左が元の荒れ地の部分。 右側が実証の伐採地。 枇杷 タラ ひさかきの植樹も意味がある。

Photo_2

敷地の下部は他の地主 まだジャングルのまま。 真ん中の枯れ立ちはウド ウドから右が伐採地 ふきのとう 菜の花 ふぐリも咲く蜂場。

Photo_3

善意の提唱を 金儲けのために先走る輩とは 一歩おくとしよう。 市民農業者としての耕作も 秘した意味がある。 今年はネギ栽培に挑戦 近くの畑の人に教えを請う まず畝作り。 坊主の出ない 良いねぎらしい。

Photo_7

これは子供の気分でのいたずらなり。 蜂場入り口の雨水溜めの 卵塊 山赤ガエル とうとう来た!。 立ち入り禁止の柵作りの時 落ち葉の下に親蛙が1匹いた。昨年放したアズマヒキガエルと 山赤ガエルの オタマジャクシが 親になって 来た!。

Photo_8

住み着いてくれそうな気配だが こちらが引っ越しするかも・ね。

« 日本蜜蜂保存会 埼玉OFF会 | トップページ | 蜂場で職務尋問されてしまった! »

市民農業者」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。 あの場所を一人で、それも手仕事で、一度お邪魔しているだけに現実的に風景が浮かびます。自給率が40%を割り込み、国民の安全保障が守れるかと、養蜂に果樹・農作物の生産と気持ちは意気盛んですが、私の近頃は息が上がり気味です。痩せた南部ヨーロッパの赤土、葡萄・オレンジ・オリーブの繰り返しの農地でさえ良く手入れがされています。肥沃な中央ヨーロッパの黒土畑、広葉樹林との風景、農業が暮らしに生き支えている様子が素晴らしい。荒れ果てた日本の大地を見て心が痛みます。車・家電他を売るために、農業を犠牲にする政策が続く限り、我々団塊の世代の居場所は広がりますね。でも、気持ちに反して体は正直です。自分に気配りを忘れずに、お互いさまに長~く続けましょう。

<近頃は息が上がり気味>
<自分に気配りを>
そうですね 少し動けば上がる息 老いのみは淋しく 忘れがち 無理せず行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よからぬ思惑:

« 日本蜜蜂保存会 埼玉OFF会 | トップページ | 蜂場で職務尋問されてしまった! »