無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 | トップページ | 捕獲1号 »

2014年4月12日 (土)

第四稿 1-3 守るべきは大地

              Ⅰ-3 守るのは大地                            平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」)

Photo

           個人の財産を守るのではない
            集落の議論は存在するか
                守るは大地

Photo_3

               座す  動く  撰ぶ
                 白地図に描く
                 大人の塗り絵

Photo_4

                   最後の援軍
                   元農業者様
                    最大の条件
                  向かえよ宇宙人
                   至上の宝物

Photo_5

Photo_2
             最後の援軍 ルビコンたるか

 

« 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 | トップページ | 捕獲1号 »

Sasuthinaburu Satoyama」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。 そろそろ分蜂の羽音が聞こえませんか。我が家昨年は7日には分蜂が見られたのに、重箱を持ち上げても軽軽です。今年は生きながらえてくれれば好の感、蜂飼い年数を重ねるのとは逆に、ことさら上手くなりません。庭のタラの芽は今年も豊作、そして埼玉はうどん文化明日は友を呼んで、私が打ち奥がタラの芽を揚げてもてなします。連休前に伊豆へご機嫌伺いお迎えに出かけ終われば送りと、何で高速割引無くなってしまったのでしょう、早起き半額の楽しみがなくなりました。

こんにちは 実は 同じく 生きながらえてくれればと 思う次第です。 おしり真っ黒の蜂の数も増えましたが もしかしたらお先真っ暗かも 和洋取り揃えようかと 思う此の頃です。 うどんは好きです ひもかわ きしめん 幅広も好み タラの芽はもう食べました ウドが芽を伸ばしています。 これが次の楽しみです。 

保存会が荒れてます。どうもベテランさんの中には、小さな命より自分が有るようで、私は付いていけません、集団は難しいですね。うどんお好きなら、後見人さんのお好きに薄さも・幅広も・蕎麦並みの細麺も・硬さも自由自在、コツは讃岐のような塩分ではなく、強力粉や片栗粉を使います。埼玉にお越しの節は必ず連絡下さい、我が家へお越しください。私の只一つの技でパスタも打ちます。スズメ蜂の終焉を迎える秋は、次郎も冬有も沢山実ります。夏は近くで古代ハスも咲きます。ダニに強いと言われた日本ミツバチはアカリンダニで苦難の時ですね、西洋はダニ剤を秋春使えば取りあえず絶滅は免れてるようですが、耐性ダ二も現れ始め本当に難儀です。静かに経験を交流しましょう。

荒れてますね サイトの運営者様には 申し訳なく思います。 残念です。 春は うららか 又 非情の風 いずれの風でありますか。 間なしに お湿りの雨がくるといいですね。 前回OFF会の収穫は ダニ剤です。 生きのびれば この秋は試したいと考えてます。 そうそう 都内を通らずに環状線で北関東に抜ける日を 心待ちにしてます。 スムーズに行けるだろ~な~と 昔 3度も行った五色沼はまだありますでしょうか。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四稿 1-3 守るべきは大地:

« 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 | トップページ | 捕獲1号 »