無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 待ち桶 木に背負わせる | トップページ | 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 »

2014年4月 9日 (水)

第四蜂場?

蜂場の分散を心掛ける。 環境が合えば 第四蜂場になるやも。クヌギの林 その横(画面奥)の椿林の中を想定。  

Photo

据え付けは基台を置く 立木の場合は抱かせる。 背負わせの横姿 上の緑紐は支え 下の白紐はブレ止め。

Photo_2

背面はこうしました 

Photo_3

井型に枠を付け そこの上部  下部に紐を通す。 

Photo_5

待ち桶を外すときは 巣門を網でクローズ 下紐を外す 抱き合かえて 上紐を外す(又ははさみでチョキン) です。 

« 待ち桶 木に背負わせる | トップページ | 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 »

日本蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

いかにも経験と考え抜かれた設置ですね。私は畑仕事の最中に、突然と訪れた訪問蜂群が事の始まり。以後、自宅分蜂群の捕獲飼育で、待ち受けは今年初めて作りました。皆さんの経験を聞いたり読んだりの中での設置、此処はと思う所へ一応6個置いてみましたがどうなる事か。1群でも捕えられたら、喜びは格別でしょうね。
西洋は近くに専門の販売養蜂場があり、増やすのは簡単で昨年は10群飼育してみましたが、蜜源との関係で、思いに任す飼育は諦めました。何事にも適正があるもので、学びました。
わに塚の桜と慈雲寺の糸桜、信玄所縁の恵林寺そして放光寺・桃色吐息に染まる桃畑、どこもかしこも満開の桜、堪能してまいりました。

蒼き狼さんおはようございます
元々は洋蜂を飼おうとしたのが 始まりです。 飼いだす時は教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四蜂場?:

« 待ち桶 木に背負わせる | トップページ | 第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域 »