無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

優秀?な女王は娘4人の母親  その後

6月に御伴を連れて輿入れした洋女王蜂「A] 増勢がすさまじかった  これはその「A」 すぐに分家の段取り

Photo
7月に別の女王蜂のみを移入 働き蜂は増勢のA群を分けてつける  これがその分けた「A-a」 これで2群 今後は「B」と呼ぶ

Photo_2
元群の「A」の群れの勢いはいい 更に「A-a」も増勢のため 働き蜂を合わせて「A-b」「A-c][A-d]に分け3群をつくる 変成王台で女王を期待 これは2段積みになった「Aーb」

Photo_6
これは「A-d」 掲載はないが「A-c」含めて女王は帰還したようだ

Photo_5
現在洋蜂は5群になる

続きを読む "優秀?な女王は娘4人の母親  その後" »

2014年8月23日 (土)

椎茸とヒラタケ

半年寝かせたホダ木を移動 本伏せ場所に移す 場所を整理

Photo_6

椎茸の鎧伏せ これはくぬぎと数本の楢の木

Photo_3
次は何やら? ヒラタケの玉切りを 埋めました すごい菌です

Photo

両面合わせて菌を繁殖させる はがれなくて苦労しました 下の写真は階段ではありません 同じヒラタケ

Photo_2

2014年8月19日 (火)

蟻酸投与 2回目

前回投与から9日 2回目 蟻酸を入れた枡を外す

Photo
濃度50%以下の蟻酸を20㏄ 4リットルの焼酎ボトルの蓋が約20㏄ 専用の柄杓 これはガスボンベの蓋 ほぼ同じ

Photo_2
浸み込ませて ネットに乗せ 枡に収める 

Photo_3
飼育箱の上に載せて 密閉して終り

Photo_5
もちろん、マスクと手袋、ゴーグル着用です

Photo_4
2回目終了のサインがでました

やがてグラマン 自製の巣礎

小型の蜂がちょくちょく顔を出して さらっていく 食糧供給基地 今はこんな蜂

Photo_9
春の駆除は真剣です 結果 去年の秋は大スズメが1匹いらした。 今年もそう願いたい 対処の用具はまずこれ 長柄の先のぺったんこ クワバラ クワバラ

Photo_10
盆過ぎれば 涼しい陽気がくる 一つ付けて見よう 100金ざるを細工 周囲、前面、下部どこからでも 出入りできる

Photo_11
取り付け図 こんな形です

7_2
春先の 大スズメ女王の捕獲は実に重要です                        

洋蜂に 巣枠だけを入れる 1週間で見事に巣礎が盛ってある 穴はでかい 

Photo
マニュアル道理の 雄蜂の産室 自製の巣礎 当面5枚

2014年8月16日 (土)

秋は間近か 夏バテをするな

まだ心配な6月自然入居群 秋までにはもっと増勢であれ

Photo
これが約2か月後 どうやら

Photo_2
厚紙のカバーを食いちぎるので 変えました 黒い紙を プラスティックの板と交換 観察できますね

Jpgb4pkbx9

隣の重箱の群れは意気軒昂と思いきや

Photo_6
何やら王台の花盛り

Photo_7
孔の形は よろしくない

Photo_8
よもやと思いますが・・・。

2014年8月13日 (水)

群れの維持を最優先に

みつばちが健康であればこの里も我も 又周りにも健やかは伝播する 残留のない処置は言うことなし 今不健康の我が子 待てよしばし 住まう山小屋 蟻酸を投与

A
天板を外す 桟式天井にした記念すべき群れ

2
蟻酸を置く枡に 麻布を敷く 浸み込ませたキッチンぺーパーを置く

2_2
上に新聞紙を畳んで入れて密閉

Photo
対象は 1カ月ほど前に一度はあきらめた群れ 家主兼doctorとしては 可能性に賭ける 患者は自己負担100%なれど誠意をもって。

1

 春から よくぞ持ったと思う 昨年 梅雨のさなかの夕方の出会い

2014年8月12日 (火)

いつまでも子供 孫より子供

小さくても孫は強い 昼寝をしない 疲れを知らない 相手をするにはそれなりに大変だ 近々の日に備えてタモ(魚網)を補修した アブラハヤのトラップも作った 4リットル焼酎ボトルを加工 上部を切り離す

Photo
切り離して 逆向きにして差し込む

Photo_2
空気抜き穴を開ける エサと重しの石を入れ沈めた時 空気が抜ける穴を開ける 赤い線の所

Photo_3
遠くのいい場所でも沈めるよう 紐をつける あとは 投げようと 近くに沈めようと自在 収穫の時紐を引っ張るだけ

Jpga9dy7yq
4リットルも 2リットルも ペットボトルは実に有効 ペットボトルのない子供のころは竹ヒゴで苦労して作ったものだ。

2014年8月 9日 (土)

防毒マスク 蟻酸 ゴーグル

秋が来る。 蟻酸とメントールを準備する 蟻酸の取り扱いは慎重に 濃度88%

Photo
準備はこの防毒用品3点 ガスマスク ゴーグル 手袋

Photo_2
防毒マスクをかぶる 風通し良し 風向き良し 蜂場はオープンスペース

Photo_3濃度88% 500㏄の蟻酸に500㏄の水を足して 別瓶に移す

 Photo_4
使用時まで慎重に保管 劇物、危険物

2014年8月 5日 (火)

今 これからの花

晩秋への対策① 苦労して得たハネミ菊(蜂蜜草) もう心配はない そこここに咲くほど繁茂 7月末から咲きだす 数か月間期待したい

Jpg535a9vl
すぐ横に咲く 黄花コスモス 日本蜜蜂もよく訪花する

Photo_6
ヌルデはまだ早い

Photo_7
プ~ンと匂うは盛夏の証し これは何の木 クサギの花

Photo_8

甘いような 甘くないような 蜂との相性は不明

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »