無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月21日 (火)

セミナー尽くし 価値あり (続 参照ウエブページ)

先般の群馬OFF会他に 他のセミナーがあった 10月5日埼玉県家畜衛生保健所主催 会場東京 講師の佐々木正巳氏の内容は公正であった。

Photo
雨で風が強い日 びっしょり。 隣席のご夫婦と縁ができ目的を聞くと アカリンダニの情報収集 当日その情報なし。 知っていることを少し話しました。

続いては12日の群馬OFF会 同宿の縁でビービーツリーのことを伺う 蜂場のこれはビービーツリーと思うのだが 花が咲かない。
Jpg49m2xed
翌週18日は快晴 海のそば 岬の突端に行く 横須賀市

Photo_2
はてな と 思ったのは 大半が蜜蜂飼育初心者か これからのようであった 募集案内は 初心者向きとも書いてないのに 不思議 飼育箱の陳列もあったが まるっきりの入門向け。 

Photo_3
セミナーは 県の担当官と養蜂協会の共催。 意図が見える 息がぴったり合っている 表裏一体。 ワークショップでは 図らずも 簾の向こうを得ることができた。 リサイクル 成分基準 経緯 法の執行 ポリネーション 善ある養蜂者は 若き人。(右ウエブページ有)

 

2014年10月16日 (木)

この秋の蟻酸投与

台風19号が去る 気温も低下 礒酸蒸発も低下する、待った無し 86netさんの研究の成果を実行。 上に枡を乗せるために天板を取る 春からのきれいな百花蜜

Jpgx909r3t
この群れは 天板を剥がして 枡を載せて蟻酸を投与

次の群れは天板が剥がれない やむを得ず 下に蟻酸を浸み込ませて置く

Photo
そして これが心配の群れ 冬が近い 9㎝の減築をすると18㎝2段になる

Photo_2
更に色の悪い巣を切りおとす

Photo_3
減築は冬の暖房対策 分蜂2年を過ぎた女王蜂の群れ。

2014年10月14日 (火)

群馬OFF会 八ッ場ダム

群馬OFF会に参加しました 約4時間 軽ワゴンでもスイスイ 圏央道のおかげです 感謝 多謝 参加60名強 後で気が付いたこと ここはコンクリ―トよりも人で有名になったあの場所 更に草津温泉への道

Off
いただいたみやげは キンリョウヘン ハーブ 7ミリ角亀甲網

Off_2
川原湯温泉廃駅 一つの歴史が朽ちました その上に新しい歴史

Photo
高い位置の橋はすでにおなじみ ではこの橋の上はご存知?

Photo_2
吾妻線でダム湖に沈む区間があります その区間を付け替えた大橋がこれ 新時代の発想か 実にでかい

Photo_3
この後 草津温泉まで行きました 何と湯畑は明日から修理、閉鎖のこと実にラッキー 台風19号の雨に煙る日です

Photo_4
帰りに眺めたのは やはり吾妻渓谷。

2014年10月 9日 (木)

昔に戻したプラットホーム

久しぶりに大スズメ蜂との格闘 といっても大量ではない 襲来は2回 時間と数からみて 近くには巣はない気がする。 ガラスの向こうの強面。

Photo
内勤蜂は巣門をガードする 戻った外勤蜂がスムーズに入れないと 大混雑になる 外勤蜂はガード下の巣門に直行する 目論見の正面、両面、下部の出入り口はほとんど無視 その混乱図。

Photo_2
この状態が大スズメによる 大量虐殺の 格好の舞台 巣門を守る内勤蜂をどうしても 奥に引っ込めたい 外勤蜂を目論見のコースに通したい 巣門ガードの改善と 昔のプラットホームを 復活する。

Photo_3
巣門ガードの下 奥にあった巣門を 使えぬように 板を下部にはめて塞ぐ。 

Photo_4
内勤蜂の巣門溜まりは解消 外勤蜂も正面、両面、下部に直行しだす この2点はうまくいった さて この状態で大スズメ蜂が取り付いたらどうするか どうなるか。

2014年10月 5日 (日)

見回りに行けないことが どうしてわかる?

幼稚園の孫の運動会 暑くもなく 涼しくもなく 良好

Photo
先般 八ヶ岳でガウラに群がる蜂を見た ここにも花がある

Photo_2
なんといた 騒がしい園内の庭に 日本蜜蜂

Photo_3
撮影技術は ここまで

午前中幼稚園 昼飯食べてそこそこで蜂場へ 無残またもや。たった半日の惨劇

Photo_4
訃報に 饒舌はありません

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »