無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 大スズメの終わりには 畳替え | トップページ | 第三蜂場 みつばちの引っ越し »

2014年11月 8日 (土)

柿と自然薯

埼玉の知人(もう友人かな)から柿が届いた 富有柿と次郎柿 大好物 山での休憩時に重宝する。

Photo
さて お礼はどうしよう 時期も時期だし あれか。 ではイノシシの真似をして よっこらさ この穴 深いですよ~。 2段3段堀り。

Photo_2
取り合えずの収穫はこれ これを送ろう。 この場所は太い弦がある 当分楽しめる

Photo_4
石はないが地の深い平な土地 特別の堀り具を用意した左の竹の柄は2メートル50センチある 今回これが活躍 

Photo_5

真ん中のは優れ物 柄を長くして 踏み棒を付けた 分解してリュックに入れて 山に分け入るときに実に便利。 

« 大スズメの終わりには 畳替え | トップページ | 第三蜂場 みつばちの引っ越し »

日々の記録」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。木の上の物へ地下からのお返し、痛み入ります。男が掘り上げた力作にして、さすがの天然もの。ダシ汁を馴染ませるのにも男の力仕事、美味しくいただかせてもらいました。有難うございます。

立派な自然署ですね。昔、、静岡県に掘りに行ったことがあります。次郎柿という柿もありました。昨日山に蜂を見に行ったら、蜂が逃亡しているように見えました。小さな穴からおお雀蜂が入ったようです。蜜を採るためか大雀蜂が出たり入ったりしていました、入り口に網をしていたのですが、うまく働かなかったようです、蜂ペッタンコを置いていませんでした。今年の春は蜂蜜の大豊作でした。

大スズメ蜂にやられましたか 手痛いですね。 今は何群ですか まったくゼロだと 春の分蜂が待ちどうしいですね。 

道の駅で「自然薯」の種芋を10本買って、大木と笹のトンネルで、
どうしょうも無い土地に植えた事が有ります。笹根で鍬3本折れました。
 春になり、10本芽が出て、夏にはハート型の葉と蔓が席巻しました。
秋にはムカゴを収穫して、冬に芋を収穫すべく耕した畝を掘りました。
有るべき場所は判ってるのにーー無い!
3本しか出て来なかった?地下に潜って逃げたのかな?
掘った芋は短冊に切って、卵の黄身で食べました。美味かった!

一年で収穫できました? 丸い種芋ですか 細長い種芋? それとも手の平のような? どんな芋でしょう。 以前、種類に興味を持って 各地の種類を集めたことがあります。

兵庫県の川西市の道の駅で買いました。
小ぶりのさつま芋の形状で色は黒茶色。
1年で収穫しましたが、容量は10%程度しか
増えてなかった。
 今年は同じ場所に「にんにく」を植えました。
行方不明になった自然薯が芽を出すと・・・・
ややこしい事になるかもと、心配してます。
獲らぬタヌキの皮算用かな^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿と自然薯:

« 大スズメの終わりには 畳替え | トップページ | 第三蜂場 みつばちの引っ越し »