無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 柿と自然薯 | トップページ | 日本みつばちの冬支度 しかし待った~ »

2014年11月15日 (土)

第三蜂場 みつばちの引っ越し

来年度は 日本みつばちの復活を願う 「古の蜂」。 この国にあまた翔ぶことを。 次年度からの方針は 洋蜂 和蜂と蜂場を分けて増群したい。 新しく確保した第三蜂場に洋蜂3群を移す。 周囲果樹の丘陵地。

Photo
右に海を臨む温暖の地。 洋蜂は丘陵地の杉林に転居。 写真では明るいが実際はそうでもない。 夏に下見した時は体感で3~5度違う。 昨夕、巣門を閉め 今朝10時頃据え付け。

 
ところが 開けとたんに、そのうちの1群が1個中隊をそろえて攻撃してきた。 

Photo_2
昨夕からの幽閉 この理不尽 不条理 許せぬ、待て~と7~8mほど追撃される。 相済まぬ。普段は上着だけなのに 今日はとうとうズボンは1日つけたまま。

Photo_5
天気快晴なれど木枯らし1号。 杉は常緑樹 陽あたりが心配 幸いなのは風を防ぐこと。 

Photo_6
ついでに冬支度。 プチプチとドンゴロス。

« 柿と自然薯 | トップページ | 日本みつばちの冬支度 しかし待った~ »

蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

さすがの3か所飼育は行動力が成せる業、元気な姿が羨ましい。此方は来年も、相も変わらずの家庭養蜂です。行動する蜜蜂に柑橘の実りが、目を見張る事でしょう。

この杉林は 夏はいいですねえ 実に涼しい。 冬の間 置いてみてどうなるでしょうか。

箪笥の肥やしは勿体無いです。
有るものは利用しなさい!
ハチさんの叱責です。
俺は着けた事無い、ズボンなんて面倒臭いーー
ハチさんが居ない・・爆

そうです そうです ある物は使いましょう。 上着はすぐ着れますが ズボンは以外と面倒です。 それで手を抜くと長靴の中から這い上がってきます。 それはもう大変。 準備怠りなくが 洋蜂のマニュアルのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三蜂場 みつばちの引っ越し:

« 柿と自然薯 | トップページ | 日本みつばちの冬支度 しかし待った~ »