無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« セミナー尽くし 価値あり (続 参照ウエブページ) | トップページ | 柿と自然薯 »

2014年11月 4日 (火)

大スズメの終わりには 畳替え

春うらら と 思いきや 夕風の冷たさ。 少なくなってきた 集団行動そろそろ終わり。

Photo

蜂場には 常備してたペッタンコ 持ち帰りだなあ 来年に使おう。 手前の袋に 入れて置いてました。

Photo_2
涼しくなると 畳も替えてやります。 2枚にして暖房効果を出します
巣箱の下に敷いてあるのが 段ボールの畳。虎の子の群れ。

Photo_3
本日 別の 治療中の和蜂が 寿命となりました。 巣虫の綿では寝心地も悪かったでしょう。 さぞかし。 花粉用に植えたモロコシも淋しく枯れます。 

Photo_4
今年は 花粉は 黄花コスモスが 大いに働いてくれました。

« セミナー尽くし 価値あり (続 参照ウエブページ) | トップページ | 柿と自然薯 »

日本蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

去年の我が家の、アカリンダニ消滅群も今頃の時期に消滅しました。気温が下がってくると、保温力が弱っているので、一気に群崩壊が進むようです。去年の我が家の巣箱も、蜂を飼っていたのかスムシを飼育していたのかわからないような状態でした(>_<)
画像の群は十分な蜂数を保持しているようですね。治療も施しているようですので、越冬は大丈夫でしょう(^^♪来年の分蜂に期待ですね。

もう虎の子の可愛さよ です。 産めよ増やせよ 爺のために  です。

2年間、毎年ハチさんは来て、蜂蜜をプレゼント♪
秋の蜜源の心配も、越冬の心配をした事も有りません。
なんとか来年は越冬の準備もしてみたい。
 その前に、ハチさん来年も来てね。
因業親父よりーー

高冷地はいよいよ寒くなりました連日朝は一けた台です。
もちろん蜂は出来ていませんが10時過ぎると巣門に出てきます。
そばに行きますとバンバン向かってきます、元気よい証拠です。
半ば過ぎには冬囲い始めます、3日もかかるでしょう大変な作業となりましょう。

あな、うらやまし!
これ程人生を楽しんでいる方も珍しい。

一度お会いしたいものです。

きっと、私の想像を遥かに超えた方でしょうか?

今様の仙人かと存じます。

再び、あな、うらやまし!

実は、今様の仙人を知ってます。 清水の次郎長の寺の裏山 そのてっぺんでひょうひょうと 蜂を見ている人がいます。 一度お会いしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大スズメの終わりには 畳替え:

« セミナー尽くし 価値あり (続 参照ウエブページ) | トップページ | 柿と自然薯 »