無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

蜂蜜絞りはこれで到達形です

先日は25度にも達する陽気。 元気な蜂は飛び出す。絞ることもある。 温度の低い時の絞りに温蔵庫はかかせない。 ようやく大型の絞り庫を作る。1日で落ちる。いくらでもできるが先立つものは。

Photo
書庫を転用。背部を継ぎ足し、W450 D500にした。

下部に蜜口付の安い容器。その上に業務用漉し網と オーガンジー。これで1回で漉しが済んでしまう。

Photo_2
ヒーターはこたつの電熱ユニット。

上部には穴を開けたボウル、その中に金網を敷いて巣落ちを防止。 ボウルに巣を満載できる。 蜜はボウルの真ん中に開けた穴から散らずに落ちる。

Photo_3
絞った後は蜜蝋作り。一斗缶2個、絞り桶1個を使う。 車のジャッキをうまく使ったつもりだが今いち。 次はテコ式に変えよう。、この次は一斗缶2個だけで考えよう。 

Photo_4

単純で、容器が少なく、汚れなくて済むを見つけるまで 長い試行錯誤。

2015年2月14日 (土)

健康診断

健康な群れもあれば不健康な群れもある。まずは清涼な風を送ろう。

Photo
今回はメントール。あいにく茶袋がないので、ストッキングを切って小分けする。

Photo_2
枠は作ったが材料が足りない。段ボールを使う。ネットは半分ですまそう。済みました。1群に盛り上げ巣がありました。盛り上げ巣はきれいですね。

Photo_3

頂部に薬剤の枠(高さ15㍉)を据えたままにして約4カ月です。
療養群が盗蜜にあいました。防戦する日本蜜蜂はいませんでした。

Photo_4
移動する以外、防ぐ手はないですね。もともと攻撃される理由があるわけで、賢いのは洋蜂ですか。
※追伸 アカリンダニに汚染されていない知人の場所がありました。奇跡です。

2015年2月 9日 (月)

巣箱の中は春を迎えて

大寒を過ぎて本格寒さは今!。 蜜蜂も寒さに慣れたのか温度が低くても飛びまわる。 この1年の先兵たち。

Photo
寒いと思うのだが 2時には巣に帰るがよかろう。

2
10度でも和も洋も皆飛び出している。 巣の中は春を迎える準備できっと てんやわんや。 帰れソレンッと。

Photo_3
人も、本物の菜の花が食べたい。これは本物菜種「キラリボシ」

Photo_4
数年前は大スズメ蜂対策に本腰。今年は蜂の健康に気を配る年になりそうな。

続きを読む "巣箱の中は春を迎えて" »

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »