無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

宴が終わりました

蜂雲と蜂球 4月の6日に始まり27日の約20日間で終りました

86b
次の課題は元群の存続です 1年目の分蜂で息絶えるかそれとも

A
この群れは新しい巣に変わっている これは存続しそうな気がする 
それに対して下の群れ

2
新しい巣はありません どうやら終焉 大奮闘の群れでした 合掌

存続期待の群れに増し枠をします。 これで巣内空間が増えます

Photo
空間が増えることで分蜂圧力が消えます 皆々御苦労さまでした

こちらの「みつばちネットワーク」サイトもご紹介します
http://mitsubachi-network.bbs.coocan.jp/?m=listtop

2015年4月24日 (金)

3.8ミリ 今度こそ

分蜂がありました きれいに分蜂板に張り付いてます 元群の方は静かなので 女王も合流したと解釈します

23

まず 事前の準備 巣門と美味しい水

Photo
折角の縁です 3.8ミリ 自作の効果も試します

分蜂板に箱を当てて そっと天地を返します

Cimg0772

分蜂板を外して 箱につけたまま 基盤の上へ載せて 静かになるまで待ちます 騒がしい時は散水と遮光ネットで静めます

Photo_3
30分くらいで落ち着きました そっと基盤に乗せ直して夕方まで

Photo_4
移動予定先は 藤の花が間近です これが散ると分蜂も終わりです
掲示板 みつばちネットワークも紹介します           http://mitsubachi-network.bbs.coocan.jp/?m=listtop

2015年4月17日 (金)

満を持して 逃亡

待ちに待った群れ ようやくその動き 本日突風

86b
意に反して隣の梅畑

86b_2
玉ねぎネットと自力エレベーターで入居願うも妙に落ち着かない
やむを得ず目隠し

86b_3
夕方まで落ち着かせようとして一先ず退出 戻ると強風で逃去

86b_4
早や薄暗い 元の梅林を探して小さな塊 取りにくい 帽子で移動

86b_5
苦労かいなく 3.8ミリも使わず 再入居願うもあえなく 沈没         皆さん 3.8㍉は あれば使いましょう

2015年4月13日 (月)

次の花

桜も遅咲きの枝垂れが満開 それも終わる 次の花粉 蜜源は何か

Photo
近くにある梨畑 満開 2カ所あるので多分 蜂が 蜜を集めきれないのではないか

下の花の名前不明 何だろう こんな花畑もある

Photo_5
次にくるのはブルーベリー これも期待したい

Photo_6
更には まだ頑張る農家 数カ所に散らばる畑 何の花でしょう

Photo_7
キウイです 蜂場の直ぐ近く あっちこっちで 栽培してます

続きを読む "次の花" »

2015年4月 8日 (水)

ボテボテみつばち

同じ元親が3日後に分蜂 今度は後ろの立木の分蜂板に

Ehmxtauoy4bf8uk1428316599
やがて丸くなるまで2度もバサー バサーと落ちている 丸くなったので取り込みを始める やはりバサー 重箱を逆さにつけても うまくない 体調が悪いのか 蜂蜜を飲み過ぎたのか ボテボテ

方法変更 玉ねぎネットに人為的にドサッと落とす

Photo
用意しておいた自力エレベーターに入れ その上に重箱を乗せる
一件落着 暗くなってから予定の場所へ 今回は2m横の位置

Photo_2

少々心配したのは 近くに据えたので 戻らないかということ しばらく巣門が騒がしい

Photo_3

2015年4月 4日 (土)

初分蜂です

例年より1~2週間早い 4月3日小雨 分蜂あり

Photo
元巣から2m足らずの椿の木につけた分蜂板 先人に習い 編笠をかける。

分蜂板は今はこれに統一している 取り外し容易 重箱幅 

Photo_2
分蜂板を外して天地返し その上に重箱を乗せる 自ら移動願う
間なしに入るので基盤に据え 暗くなるまでまって予定の場所へ

翌朝行くと突風でもあったのか一大事 パカ! と開いてる

Photo_3
中を覗くと凍えたのか ボロボロ落ちて来る そっと戻して南無観世音菩薩

Photo_4

しばらくして様子を見ると どうやら無事のような動き 祈 祈 祈。
みつばちネットワークのサイトも紹介します。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »