無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

蜜泥棒

やられました。蜜泥棒です。

Photo

ぶん投げてありました。

Photo_2

警察に届けて、検分をしてもらいましたが、だめでしょうね。

Photo_3

覆いもきちんと畳んで、重石もどかして、猪やタヌキにはできません。

Photo_4

ビス止めした箱を壊さず開け、巣板の蜜をきれいにとる。人間以外にはできません。

ああ無情!。

 

2017年6月13日 (火)

花粉樹

荒地の整備も最終段階。細かいところを残してほぼ終了。蜜源樹を整備する。この場所ではないが「モチの木」に集まる蜂が多い。まるでビービーツリー。モチの木の苗木を調達することにしました。

Photo

上はモチの木。見ていて驚く集まりよう。

荒廃地の開墾に3年以上。86neさんからユリノキをいただいて3年以上。大きいのは3メートルを超えている。6~7本ある。ようやっと安住の地に定植できた。 花を見ることができるだうか。

Photo_4

見た通りの山中。蜜柑や梅の畑はあるが、すでに耕作意欲が萎えた地主ばかり。ヤブ枯らしが繁茂します。後ろの大木は幸運にもカラス山椒。

下はビービーツリー。

Photo_5

たしか2本あった。この木のほうが開花は早いと聞いている。楽しみです。

 

 

 

2017年6月 4日 (日)

鹿とイノシシ

熊が出るのは30年に一度。近くの山に出はしましたが見てはいません。蜜蜂には大敵。

Photo

鹿、狸はしょっちゅう出ます。今年の憤慨(糞害ではありません)は買い求めたモクゲンジ、シナの木の新芽を早々と食べたことです。周りは菜の花がいっぱいあるのに見向きもせずにです。

Photo_2

これは大きいから多分鹿。新しいものでした。

Photo_3

モクゲンジの根元の穴です。竹藪でしたから、鹿が掘るわけがないし、猪です。自然薯の匂いでもしたのですかね~。夏の蜜源(遠い先)にと考えたのですが。

 

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »