無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 連続して咲かせる努力 | トップページ | 神様からいただいた時間② »

2017年8月16日 (水)

神様からいただいた時間①

図らずも余裕の出来た昨今。生息調査、荒廃地伐採と10年に及ぶがむしゃらにきた日々。ここらで休めということですか。多様なサイズ、方式のミツバチ用具を統一することにしました。基本は86netさんの方式です。もっとも確かで、納得いく技術、知識をお持ちだからです。
 
【飼育箱上部】  最上部の天蓋です。換気口を付けてます

Photo

             落とし板です。天枠の換気網の上に乗せます。

Photo_2

             換気網です。天枠の中に入れます。
 
Photo_3
 
        天枠です。重箱の上段に据え付けます。ここまでの4品が上部です

Photo_4

巣が付く天板は平板がいいの意見が多いようです。しかし換気効果を出すのに苦慮します。巣枠形に踏み切ったのは、アメリカの洋蜂の自然分蜂群の写真を見てからです。洋、和を問わず自然界に平板の洞はありません。であれば巣枠形天板に問題はあろうはずがない。と理解しました。上部をこれで統一しました。

 

« 連続して咲かせる努力 | トップページ | 神様からいただいた時間② »

日々の記録」カテゴリの記事

コメント

後見人さん、
なんとなくこそばゆい話ですね。
一番大事なのはいかにミツバチに好かれるかをひたむきに追及し続ける熱意しかありません。

ただ盗難や、盗蜜は許せません、犯罪ですから徹底的に追及することです。
世界中で一番安全な治安国家ではなくなってしまいますから。

今年は環境を大事にしてきました。換気、日除けに注力しました。それでも言葉が通じないのはもどかしいですね。

巣箱のサイズ、構造の統一は何かと便利です。製作効率も、
格段にアップします(^^♪

特に、換気に気を使っているのはよいことですね。
換気口は、季節によって(外気温)換気口サイズを
簡単に調節できる構造にしておくのがベターかと(^-^;

換気口サイズですか。どうも妙案が乏しくて・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様からいただいた時間①:

« 連続して咲かせる努力 | トップページ | 神様からいただいた時間② »