無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月17日 (土)

蜜蜂飼育調整会議は公開会議とすべしⅡ

 

 存念の続き  Ⅰ-2

Photo_2
                         闇のトンネル

・日本の自然界の花、蜜、花粉は養蜂業者のものであるという法は知りません。ましてや土地所有者や耕作者が育ててい花蜜、花粉も養蜂業者の物であるという法律は又ないはずです

・ポリネーションで各所に飼育箱を置くには届け出は不要。養蜂業者が各所に飼育箱を置き、そこから300㍍を主張したら、縄張りは際限なく広がる。すべては、飼育届け,転飼届を出した場所が基本であるべきかと考えます

・ポリネーションで各所に飼育箱を置くには届け出は不要。これはごまかしの最たるもの。ポリネーションであっても、蜜を集めるのには変わりありません。ポリネーションを隠れ蓑とした事実上の採蜜ですね

・調整に従わない新規者の箱配置の近くに養蜂業者が大量に蜂を置き、苦しめて追い出すも当然あり得ます。調整とは、これらの所業を行政が黙示していることになります

・調整会議において、ある蜂場が問題あるとした場合、事実資料の提出もなく、移動、撤去をさせるのは傲慢と言えます。権利、権限、その他適正に処すことを求めます

・距離の云々は地番の端か、中心か、又箱を置いた場所か判断を整備し、位置図を明示して話し合うのが常識です

・酒、米、たばこ、薬、。多くの業種、業態が規制緩和になりました。時代の流れに逆らえません。この変革の時代に養蜂業者が叫ぶ主張は、蜂を飼おうとする者や国民には容易に納得しえないものです

・多くの情報が、国産蜂蜜の生産量は7%を切るといいます。ある協会基準の「蜂蜜類の表示に関する公正規約」を見て、疑義を感じ、蜜蜂を飼い始める人も多くあります。家族や子、孫のことを考えるからです。この規約における「純粋」とはなにか、国民を啓蒙・啓発すべき事柄です

・全国各地の新規飼育者を追い出す「調整に名を借りた」新規者阻止に、不満と疑義が高まります。

・当方の主張の大部分です。来年度も同じ環境であるならば、本日記述の項に、消費者、国民に通じる見解を添えて「調整」ください。

Photo

                                      存念1-2以上

2018年3月 8日 (木)

蜜蜂飼育調整会議は公開会議とすべしⅠー1

県の窓口に再三公開会議を要求しています(無駄なあがきでしょうが)。国会も、県議会も広聴できるのにできないのはなぜでしょう。できない理由があるからですね。

Photo_2

          このトンネルの向こうに○○着、○○託の世界があります。

先日、県の窓口に存念を提出してきました。記事に不足しているので投稿します。

 

・花の数、花の咲き具合、花の種類、咲く期間、蜜の湧出量、蜂の数の計算式がない以上、業界エゴと呼ぶ人も少なくありません

 

・そもそも距離制限根拠に数値、計算式はないと農林水産省の技官も認めています。(玉川大学講堂、振興法説明にて)

 

・例えば、隣接地の所有者、耕作者が距離制限があるため養蜂をできないことは職業の選択の観点からも問題ではありませんか

・若者や転職者、移住者が同様の理由で養蜂をできないとは経営の安定、多様な部門擁立、自家消費生産、特産物育成、環境整備等の企画、参入の足かせとなっていませんか

・環境改善で荒廃地を整備し、良き里山にしたならば、この上ない善行と言えます。そこで花木が咲き、蜜蜂を飼うことを願っても、養蜂業者が距離を理由に且つその蜜でさえも己の物とする法があるとは聞き及んでいません

・養蜂業者が慣習を言い張り、縄張りを主張する実態は、調整会議に名を借りた独占、参入阻止ではありませんか。行政の窓口は丸投げの疑念を持たれてはいませんか

・水利権や入会権など慣習法の概念はあるも、捉え方は難しく、養蜂業者が慣習法で保護されているとは聞き及んでいません。それが故、独占ではなく調整という文言が使われるのではありませんか

・日本の自然界の花、蜜、花粉は養蜂業者のものであるという法は知りません。ましてや土地所有者や耕作者が育ててい花蜜、花粉も養蜂業者の物であるという法律は又ないはずです。

・土地所有者や耕作者が、ポリネーション、自家用蜂蜜、蜂が好きであることに蜂を飼いたいとあたり、養蜂業者がそれを阻害する何らかの権利がありますでしょうか

・土地所有者や耕作者が、ポリネーション、自家用蜂蜜、蜂が好きであることに蜂を飼いたいと思うにあたり、それが相当な期間であっても、土地所有者や耕作者の権利の範囲であって、養蜂業者が口を挟む問題ではない考えます

・調整に名を借り、新規に飼いだした者を一方的に追い出すのは独占エゴに他なりません。

・そこの地点で蜜が不足と縄張りを主張するのではなく、新規者のために既存業者が数を減らすのが調整の本来ではありませんか

・養蜂にあたり、蜜源、花粉源を増殖する務めがある。養蜂業者が他人の蜂飼いを制限するというならば、自ら手入れした場所の蜜、花粉を計算し、その範囲内で飼うならば皆、納得するでしょう

            これで半分です。長い文ですので今回はここまでにします。

Photo_4

                      存念  以上。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »