無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 孫分蜂 | トップページ | スズメバチの襲来 »

2018年7月 3日 (火)

盗蜜蜂の災難

とうとう飛んできました。盗人蜂の襲来です。昨年の大被害の後の今年の盗蜜。朝早くン?おかしいなと思ったら翌日には大挙。 ねずみとりで応酬しましたが捕りきれるものではありません。

Photo

蜂マイッターを附けてもスルリと通り抜ける細身には為すすべもなく和蜂は弱まるばかり。

Photo_2

最も弱い群れが襲われると聞きましたが、和蜂は尻の黒い小型蜂、女王に異変があったと推定します。

盗人蜂の更に憎らしいのは帰り際、ホバリングして巣門を向いて飛び去ることです。多分場所を確認して仲間に知らせるためでしょうな。

Photo_3

寂しくなった巣門はごらんの通り。数日後この群れは消滅しました。赤茶けた巣板だけが残りました。

« 孫分蜂 | トップページ | スズメバチの襲来 »

日本蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盗蜜蜂の災難:

« 孫分蜂 | トップページ | スズメバチの襲来 »