無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 5月の終り。分蜂の終わりです。 | トップページ | 夏の憂鬱 »

2019年6月20日 (木)

野面蜂が翔んで来たけれど

蜜源も、栗、ミズキ、あかめかしわ、サンゴ樹と続きあとはわずか。サンゴ樹も散り際。Photo_20190620160301

リョウブはまだ蕾

Photo_20190620160601

サルスベリが咲くまでまだ間があるのに大変なこと

翔んできた蜂群は居ついている

Photo_20190620160901

リョウブの花は7月に咲くとのことで3本植えてある。前出の写真は近所の造園畑。手持ちの花の咲くのが待ち遠しい。

 

« 5月の終り。分蜂の終わりです。 | トップページ | 夏の憂鬱 »

日本蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

その後分蜂群の推移は如何ですか?

今年は何も名も異常です、いまだに待ち受け箱の入ります。
孫分蜂も頻繁に起きていますしどうなりますやら。
どうも高冷地ほど
分蜂期の低温の影響をもろに受けたようです。
今年の嫁ぎ群は8群で止めました、
何とか来年につなげて行ければ良しとします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月の終り。分蜂の終わりです。 | トップページ | 夏の憂鬱 »