無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

« 逃散 | トップページ | 逃散から得たもの »

2019年10月15日 (火)

この年と来夏

逃散。長雨、これが逃散を促したかしれないが、実に多くの空巣を生んだ年であった。蜜源不足をおこしたのやも。

Photo_20191015074501

スッカラカンとはこういうこと。7月~9月の魔の時。逃げ出した内、1群は取り込んだが居つかせるのは難しい。

19921

逃げ出した群れを取り込んだ時の写真。何としても生かすぞ。1か月たった今どうにか居ついた。巣も蜂数もいいようだ。

子供の頃からカエルに親しんでいる。今日待望の赤ガエルを見た。すでに春からは土ガエルが住み着いている。

Photo_20191015081601

やれやれ、冬間近か。カエルは冬眠準備春の夢。蜂飼いも同様早や、春の夢。

« 逃散 | トップページ | 逃散から得たもの »

日本蜜蜂」カテゴリの記事

コメント

女王蜂@後見人さん
初めてお便りしまず。
蜂之氶さんのブログから来ました。宜しくお願いします。
私も8月に2群逃去されました。
その内、1群は庭の梅の木に団垂したので、取り込みましたが、居着きませんでした。
一旦、決めてしまうと無理みたいです。
残った巣板はカラカラで、ミツバチの覚悟が伺えます。
何か留める方法があれば、お教え下さい。

それでも、ミツバチの飛んでいる間は楽しかった。(*^^*)
寒くなった今は、ミツバチさんは遊んでくれません。😂
キンリョウヘンの花芽をチマチマ眺めています。

回答はブログにUPしました。これでわかりますか?メールアドレスも上記に載せます。
ところで何県の何地方にお住まいですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃散 | トップページ | 逃散から得たもの »