無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

日本蜜蜂

2019年6月20日 (木)

野面蜂が翔んで来たけれど

蜜源も、栗、ミズキ、あかめかしわ、サンゴ樹と続きあとはわずか。サンゴ樹も散り際。Photo_20190620160301

リョウブはまだ蕾

Photo_20190620160601

サルスベリが咲くまでまだ間があるのに大変なこと

翔んできた蜂群は居ついている

Photo_20190620160901

リョウブの花は7月に咲くとのことで3本植えてある。前出の写真は近所の造園畑。手持ちの花の咲くのが待ち遠しい。

 

2019年5月31日 (金)

5月の終り。分蜂の終わりです。

5月31日 5月も終り。分蜂も22日の孫で終り。後は暑さ等環境対策です。 昨年エゴの木が咲きましたが今年はヒトツバタゴが咲きました。下に菜の花があるせいかヒトツバタゴには寄り付きません。

Photo_9

涼しい?春?夏? 天候異変です 今年の諸々の花の咲き次期が違うような気がします。5月の末で栗の花、モチノキが散ります。おまけかどうか大スズメ蜂も少ない。まだ十数匹です。

Photo_11

分蜂も終えて一段落。蜜蝋を作ります。

Photo_12

すくうお玉は、ガスボンベの缶を活用です。

Photo_13

2019年4月21日 (日)

待て! 行くな!

分蜂も高い木の梢につかれたら大変なこと。阻止せねば。そこで一計。

Photo_7

行かせたくない位置で竹竿を振る。引き返しました。

1

これで取込みは楽々。後の取り込みは一連の作業なり。

Photo_8

新しい場所へ移動しました。

2019年4月 7日 (日)

2019年の分蜂。始まりは昨年と同じです。

分蜂の時期。  桜満開花吹雪  巣箱の前は雄蓋の山

Photo_6 

周囲は花盛り

Photo_3

分蜂図1 木の又 追い込み入居

Photo_4 分蜂図2 掻き落とし 木の枝に取りついても手の届くところなら難なく、自主入居

問題はこの分蜂、高い高い梅の木 高齢者には木登りは危険なのです

Photo_5

まあ、こういうこともあろうかと、竹の棒とネットでどうにかゲット

 

 

2019年3月23日 (土)

雄蓋発見!

3月19日雄蓋発見!(投稿はブロバイダーのシステムメンテで遅れました)
Photo
それではスズメバチトップも急がねばと、発酵させておいた液を吊ります。
Photo_1
蜜蜂の様子はこんなです。
Photo_2
忙しくなりますね。

2019年2月 1日 (金)

日本みつばつを探そう

春はもう間近。梅の花が知らせます。 近くに日本みつばちはいませんか?。野山の分蜂時期は5月。一緒に探しましょう。

Photo
準備のできている人もできていない人も、まだ間に合います。

Photo_3

すでに適当な場所の見当をつけてあればグッド。箱もお貸しできますよ。

探してみたい、飼ってみたい、野山の好きな方は連絡ください。一緒にやりましょう。

対象は神奈川県内在住の方、パソコン通信の可能な方です。

こちらのE-mail : release-kansiアットマークmemoad.jp(アットマークを入れてください) タカノ。

2018年9月15日 (土)

巣虫と蜂場

換気が大事と上部、下部に空気口を作ってどうにか猛暑を乗り切ったと思った矢先、弱体化・巣虫繁栄となりました。やむなく解体。

2018

大きな大きな巣虫がわんさか。蜘蛛の巣状でカラカラです。

蜂場はようやく形がつき、来年は日陰を期待していました。知人からいただいたユリノキやビービーツリーも近々花が咲くものと。

Photo

近くはイノシシ、鹿の活動域、特にイノシシはひっきりなしに掘り返してます。鉄条網も必要かと。

Photo_2
自然界の難しさです。

2018年7月 3日 (火)

盗蜜蜂の災難

とうとう飛んできました。盗人蜂の襲来です。昨年の大被害の後の今年の盗蜜。朝早くン?おかしいなと思ったら翌日には大挙。 ねずみとりで応酬しましたが捕りきれるものではありません。

Photo

蜂マイッターを附けてもスルリと通り抜ける細身には為すすべもなく和蜂は弱まるばかり。

Photo_2

最も弱い群れが襲われると聞きましたが、和蜂は尻の黒い小型蜂、女王に異変があったと推定します。

盗人蜂の更に憎らしいのは帰り際、ホバリングして巣門を向いて飛び去ることです。多分場所を確認して仲間に知らせるためでしょうな。

Photo_3

寂しくなった巣門はごらんの通り。数日後この群れは消滅しました。赤茶けた巣板だけが残りました。

2018年6月18日 (月)

孫分蜂

この群れは4つ目の分蜂群です。孫分蜂はないと思ってました。ところが昨日6月17日三日ぶりに行くと巣門には雄蓋が散乱。一時間もするとブン,ブン、ブ~ン。

Photo

急いで分蜂坂を取り付けました。場所も何もとにかく取り付けました。

Photo_2
祈る気持ち。ここに収まれ、収まれと。ですがね~。

目の前にある大杉。高く高く舞い上がりましてどこに固まったかまったく見えません。アウト!

Photo_3
今までのお礼に残した玉手箱は一つ。黄色い痕跡。

2
分蜂した後の静けさです。何事もなく早々と。

Photo_4
                                       終りです。

2018年5月19日 (土)

分蜂その後

分蜂が始まってから約一か月半。一群でました。女王不在です。

Photo_2
  尻の色、サイズ、形 間違いないですね。 残念です。

Photo_3

蜜柑の花はすでに終わりです。山中を探したエゴの木に花がつきました。やっとですが嬉しいですね。

Photo_4
これから栗の花が盛りです。以後、キウイ、梨、サンゴ樹、モチノキと続きます。 

  追記  蜂盗人忘れはしませんぞ。

Photo_5                                            

                                           以上です。

より以前の記事一覧