無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

Sasuthinaburu Satoyama

2015年1月29日 (木)

里山の危機は続く

以前ボンドガールで有名になった方が出席するシンポがあった。

Photo
各地で里地・里山を見直す運動があるが、一部地域のみの、現在高齢者の活動の域にとどまる懸念も表明された。別の地域では蜜蜂の消滅が騒がれている。そして上映会に至る。

           ミツバチの現状知って
         
2月7日葉山で上映会

Photo_2
短期間に大量のミツバチが姿を消す「蜂群崩壊症候群(CCD)」をテーマにした映画「みつばちの大地」の上映会が2月7日(土)、葉山町福祉文化会館(葉山町堀内)で行われる。午後1時30分開場、2時開演。

里地里山に取り組む計画に、環境バロメーターとしてみつばちの観点がほしい。蜜蜂を飼うのは環境のセンサーにもなる。事業者の採蜜も環境改善あって繁栄する。差別よりも共存であれ。

Photo_3
みつばちの飼育届を出した。届け出書の基本様式は、説明文の(5)の、備考欄は用途(採蜜)とある。しかし、しかし、県の地元の窓口発行の届け出書は改変してある。何やら臭う。
Photo_4
備考欄は趣味(採蜜)である。これは何か。まだこれから、正体不明、暗闇の調整会議がある。この時に、趣味者は採蜜者より優先順位が低い と 采配する材料ではないかと いらぬ勘繰りをする。この件は郵送では心済まず、直接県の窓口へ行き、疑念申し上げた。

 

2014年4月19日 (土)

第四稿 Ⅰ-4 (了) 最後の援軍

              Ⅰ-4守るのは大地                            平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」) 

Photo_4
            我ら 宇宙人 来たりて帰らん

               どんな場所ですか  

                都合はご注意 

Photo_5
                 先駆的実践者
                窓口・無私・無欲
                休憩・宿泊・転居
               
半年遅れの冷暖房
                   一体力

Photo_6

上の図 右は正に 荒れなんとする元優良農地 左は 樹高選定は不十分であれど きれいな梅林(当然 宇宙人の係わり)  

       「SASUTHINABURU里山」 第四稿
                

       下記資料は第一稿表明時のカテゴリー

               
 
資料は 第一稿提案時のカテゴリー

 

2014年4月12日 (土)

第四稿 1-3 守るべきは大地

              Ⅰ-3 守るのは大地                            平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」)

Photo

           個人の財産を守るのではない
            集落の議論は存在するか
                守るは大地

Photo_3

               座す  動く  撰ぶ
                 白地図に描く
                 大人の塗り絵

Photo_4

                   最後の援軍
                   元農業者様
                    最大の条件
                  向かえよ宇宙人
                   至上の宝物

Photo_5

Photo_2
             最後の援軍 ルビコンたるか

 

2014年4月11日 (金)

第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域

                       Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域                      平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」)

Photo_2

                         納税者拒否
       里山と呼ぶは個人財産 管理責任のすり替え                                                     
          費やすは税金 所有権 あきめくら

Photo_6

           消えゆく小道 消えゆく歴史
               今 通るものは
            お返し しよう 八洲の地を

Photo_7

       果たした百姓の使命 迷惑をかけずに残す
           侵略者 鳥獣の敵 耕地返還

Photo_10

          変わる 人間の領域 鳥獣の領域

2014年4月 6日 (日)

第二蜂場 整備

それぞれは言う 優良地形の一角 元々優良農地 今は荒れている。 農業委員も 委員会も 行政も 何もできない。 なぜ? 空事のなすりつけあい。 

Photo_15

これは第二蜂場 紆余曲折して借り受ける きれいにします 草を刈ります で借りる。 環境整備無償の提案。 ツタに覆われた中は 猪か蛇か狸か知れぬ。 国も言う。 里山 農地保全? これが農政と農家と税金投入の実態。

Photo_16

狸も蛇もものともせず ばっさばっさ ジャングルは 大地に還る。隣接の農地 リンゴ畑であったそうな。 地主さんも荒れように愕然としてた。 即頼みます。

Photo_17

上は2013年の11月の姿 下は2014年の1月の姿

Photo_19

300坪という話だが 400くらいありそう。 この直線で4回草刈り×3列+2列 多い。 隣の畑で温室栽培の方が トラクター使用を申し出てくれた。 この地で初めての好意。 顔役 口利きからは一切なかったこと。 これがあっと言う間の天地返し。

Photo_20

2014年4月 5日 (土)

第四稿Ⅰ-1 消えるべくして

平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」) 

Photo_14

         「消えるべくして」   「遠く近い記憶」

Photo_3

            「里山はなぜ生まれたか」  
            「里山はなぜ荒れるのか」
            「里山はだれのものか」

   総務省:札幌 気仙沼も人口減の仲間入り(2014・2・13)
   国交省:2050年 国の2割で住民ゼロ   (2014・2・28) 

           農業をやめても 農家たるのか

Photo_4

          「農業をやめた土地持ち非農家」

            石ころ一つに先祖がからむ

腰骨も折れる開墾の辛さ 子に継がせず 子は因襲の集落を去る てんでんバラバラ まとまりつかず 良田畑も「荒地」でひとくくり。

Photo_12

2014年1月 3日 (金)

此のセラピーロード④ 駅より谷筋へ

ローカルの駅で降りる 県道を越えて目印の寺に向かう 

Photo

横の神社脇を抜け 城址方向へ 地形上か 近くにも城址がある

Photo_2

このあたりの城址は何もない 寄らずに過ぎて 左の竹藪の小道を降りる 

Photo_3

降りて右へ 泉のある公園に出る 車で来て 場所に詳しい人はこの公園の駐車場に停めると楽

Photo_4

奥は杉林 水のしみ出るところを渡る 道は未整備 要整備 

Photo_6

やがて鉄塔に至る そこの沢沿いの小路を上る 夫婦杉を抜ける

Photo_7

すこし進むと セラピーロード①に紹介した落ち葉の路に至る 陽だまりの場所へ

Photo_9

2013年12月30日 (月)

此のセラピーロード③ 里山ウオーク

その昔 北条氏が治めたこの地 風魔小太郎の里の一つとの伝えもある 畑ばかりだが 豊かであったと。 Sasuthinaburu Satoyama・セラピーロードにと目するこの地は 市街地に近いがなぜか分校があった里

神社を下ると集落の別れ路に出る ここからは「里山ウオーク」 右手方向に行く 集落の中を通る路 バス停はある

Photo_2

バス停の前 古い石碑が建つ 大きいな いわれは何だろうか 右手に見て左の路に入る

Photo_4

狭い道 立て込む家 寺 集落の中心地であろうか

Photo_5

茶工場脇を抜けると隣の集落への三叉路に出る 世に知られた尊徳翁も歩いたらしい そちらには行かない 市街地に向かう

Photo_3

ようやく林地を抜けた 遠く大山を望む

Photo_7

広域農道を横切る 右へ曲がる 

Photo_8

このコースのポイント 産屋原の辻 左は農園ユートピア 右は次の里山ウオーク この辻を中心にして有志が 奮闘する Sasuthinaburu Satoyama 

Photo_7

 

2013年12月23日 (月)

此のセラピーロード② 神社へ

広域農道にかかる陸橋を渡る 唯一ある橋 なぜここにだけあるのだろう 高低差だけではない気がする

Photo_5

右にまがってさらに右に曲がると茶畑 古老の話では この集落のずっと下と ずっと上を繋ぐ 古の道であった

Photo_6

茶畑を出て右手下方に向かう 古の道は左に進むが その道は使われてない 藪に覆われている 確かにあることは 歩いて確かめた                                                                       

Photo_9

右手に降りると 砂防ダムの上流に出る その沢筋を左に上がる

Photo_11

日当たりよし 風当りなし するとこうなる これ12月に満開

Photo_12

上り続けると最奥の民家に出る その手前を右に曲がって市道に出る なにやら懐かしい田舎道 みな家の裏はこうだった

Photo_15

このコースのゴールは神社 どこでもゆかり深いものだ なぜかこのコースを歩いてその夜は 心やすらけく・・・

Photo_14  

2013年12月17日 (火)

此のセラピーロード① 谷筋を上る

「セラピーロードとは、ウォーキングロードとも呼ばれる、森林セラピーの散策路をいう。 20分間の歩行ができる。散策路を原単位(1ユニット)として、地形や風景などをもとに延長ができる。それらの組み合わせた複合的な散策路です。
主に緩い傾斜で構成されており、一般の歩道よりも道幅を広く取り、歩きやすさを考慮するなどの配慮がされたコースを中心に選定されてます。 「癒し効果が科学的に検証された”森林効果”をいいます。」  《NPO法人森林セラピーソサエティ》抜粋

Photo

田舎生まれはすべてがセラピーロードの世界 こんな郷愁も団塊世代までで消えるのだろう この場所に蜂場を作ろうとするまでに 外輪山周辺をくまなく歩いた 猪、タヌキのごとくに。 此処は寂れゆく里山 寂れるほどかつての田舎に似てくる 故に懐かしく 忍ばれる  誰も気づいてないセラピーロードを歩いて見よう。

第一蜂場を降りると 霜も降りないという元、畑に出る

Photo_2

その先は分かれ道 これは泉のある公園方向の道 先は藪に埋もれ消える 

Photo_4

今回のコースは右手へ 土橋のある方へ向かう

Photo_3  

急な上り坂になって砂防ダムに着く この時期は干上がっている

Photo_5

少し上ると分かれ道 雑木がいっぱいだけど なんのその 田舎生まれは右へ行く

Photo_6

やがて竹林 見事だ 地区の名の由来とか 冬の竹林や竹の秋は幽玄 別世界を思わせる

Photo_9

脇を抜け、途中の炭焼き小屋を横目に上ると広域農道に出る 20分くらいかな

Photo_10

 

より以前の記事一覧