無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

Sasuthinaburu Satoyama

2020年1月27日 (月)

Sustainablu里山第四稿 1ー1

遠く 近い記憶

Susutainabule_20200127093701

里山 里と聞くと 懐かしむ 遠い記憶がよみがえる 彼の川の遊びがよみがえる。 ひもじい 寒い 野良作業 山仕事 辛い 悲しい 大変なことも裏返しにあるが・・。 高度成長期の 都へ 々 へとなびいた人口移動は 一面 担い手の断絶。百姓していては嫁も婿もこない。 先祖代々が崩壊する。 やむを得ません 食えないのですから。 見渡せばどぶ川と暗渠 杉、ヒノキと乾田 将来の里山の復活は望むべくもない。 かくして田舎の崩壊 里山の消滅が今日まで続く。

消えるべくして里山

Photo_20200127100001

里山が生れた歴史 果たしてきた役割 崩壊 消滅を訴える悲鳴。 しかしそもそも 悩んでいるはずの現地の意識はどのようなものか。 外部者には農地法 農業委員会 水利権 その他農家を保護してきたはずのものが 妨げになっていないかとも見える。 これに因襲 不信 抜け駆け やっかみの 足の引っ張り合いが加わる。 里山の保全を声高に叫ぶ現地に みずからの問題 その里の保全の意識が どれほどあるのかと 疑問符がわく。 どう見たらいいのか 案外粛々と消えるその日を 待っているのではないか。

 

里山はなぜ生まれたのか

Photo_20200127101001

自然界の食料を狩る 大地を耕して食料を得る 衣食住に必要なものを作る。 煮炊き 暖房に不可欠の燃料を得る。 この大地を耕し しがみついて 連綿と生きてきたその命の源 供給源が里山。

 

里山はなぜ荒れるのか

Photo_20200127102201 Photo_20200127102201

プロパンガス 石油 電気と化石燃料に移り 薪を使用しなくなると 如実に山が荒れたのは事実。 里山から生活物資を得なくても良くなった。 何キロも歩いて薪を拾いに行くこともなくなった。 歩くこともない。 車で山の奥まで行ける。 元の背負子に戻れますか?。 楽しくも辛くも 最早あの山野に戻らなくてもいいのです。 里山を必要としなくなりました。

 

農業をやめた土地持ち非農家

Photo_20200127103501

里山は誰のものか

個人の物です。所有者の責任で管理いただきたい。 管理できなくなったからと言って 責任を地域 行政 国なすりつけないでいただきたい。 総務省発表の「過疎」 昭和36年(1961)以来 傾向は変わらずとされています。

1998年の青森市「青森市中心市街地活性化基本計画」もすでに10年余。 コンパクトシティ構想としていまや 全国に迫ります。 「過疎地域自立促進維持特別措置法」もいつ過去のものになるやも。 もはや戻らぬ故郷。

 

因襲 古くから伝えられてきた風習 多くの場合 避難の意を含んで用いられる

里地 里山とは 因習の地 祖霊の地 石ころ一つに先祖がからむ

Photo_20200127104801

すでに わが子も継がない里地、里山を 残りの老人で維持できないことは とうにわかっていることです。 所有者も 地域も 自治体も その地域がシュリンクしていくことは わかっています。 前述の 過疎地の試算は 昭和36年起点。  そこから人口動態をみています。 しばらくすれば 日本中がやむをえない過疎に入れば 誰も何も言わなくなる。 皆で渡れば怖くない。

 

わが身のほか始末なし

どうしようとも どうにもなりません。 我が身のほかはかまっていられません。 ふるさとがなくなる 歴史が消える 郷愁の合唱は得てして 政治を通して 無定見の税金投入につながる。 集落住民それぞれは 互いを尊重するかに見えて 実は無責任 てんでんばらばら 我が身の他始末なし。 実は口で危機を唱えているだけで ほどなく消えていくことを 自覚しているのではないか。それはそれでやむをえないこと。 消えていくことを自覚し 生活インフラのあるところへ 暫時転居することを選べばいい すべての住民がそこに残ることもない。 かくして コンパクトシティへの道が開かれる。

 

呪縛からの解放は優良農地を原野に戻す

Photo_20200127110801 Photo_20200127110901

人工の減少は食料の減少でもある。 食料の減少は生産農地を必要としない。 飢餓に怯え 食うために切り拓いてきた野山も 食が足り 家族が減り 耕作する意味がなくなった。 伝来の地は目的を果たしたのです。 必要性を失ったのです。 子は去り 親族も減り 墓の守り役もいなくなった。 皆 農業をやめたのです。 奇妙な土地持ち非農家の出現と まん延です。 先祖のくびき 因習の呪縛の解放の証左です。    

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年1月29日 (木)

里山の危機は続く

以前ボンドガールで有名になった方が出席するシンポがあった。

Photo
各地で里地・里山を見直す運動があるが、一部地域のみの、現在高齢者の活動の域にとどまる懸念も表明された。別の地域では蜜蜂の消滅が騒がれている。そして上映会に至る。

           ミツバチの現状知って
         
2月7日葉山で上映会

Photo_2
短期間に大量のミツバチが姿を消す「蜂群崩壊症候群(CCD)」をテーマにした映画「みつばちの大地」の上映会が2月7日(土)、葉山町福祉文化会館(葉山町堀内)で行われる。午後1時30分開場、2時開演。

里地里山に取り組む計画に、環境バロメーターとしてみつばちの観点がほしい。蜜蜂を飼うのは環境のセンサーにもなる。事業者の採蜜も環境改善あって繁栄する。差別よりも共存であれ。

Photo_3
みつばちの飼育届を出した。届け出書の基本様式は、説明文の(5)の、備考欄は用途(採蜜)とある。しかし、しかし、県の地元の窓口発行の届け出書は改変してある。何やら臭う。
Photo_4
備考欄は趣味(採蜜)である。これは何か。まだこれから、正体不明、暗闇の調整会議がある。この時に、趣味者は採蜜者より優先順位が低い と 采配する材料ではないかと いらぬ勘繰りをする。この件は郵送では心済まず、直接県の窓口へ行き、疑念申し上げた。

 

2014年4月19日 (土)

第四稿 Ⅰ-4 (了) 最後の援軍

              Ⅰ-4守るのは大地                            平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」) 

Photo_4
            我ら 宇宙人 来たりて帰らん

               どんな場所ですか  

                都合はご注意 

Photo_5
                 先駆的実践者
                窓口・無私・無欲
                休憩・宿泊・転居
               
半年遅れの冷暖房
                   一体力

Photo_6

上の図 右は正に 荒れなんとする元優良農地 左は 樹高選定は不十分であれど きれいな梅林(当然 宇宙人の係わり)  

       「SASUTHINABURU里山」 第四稿
                

       下記資料は第一稿表明時のカテゴリー

               
 
資料は 第一稿提案時のカテゴリー

 

2014年4月12日 (土)

第四稿 1-3 守るべきは大地

              Ⅰ-3 守るのは大地                            平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」)

Photo

           個人の財産を守るのではない
            集落の議論は存在するか
                守るは大地

Photo_3

               座す  動く  撰ぶ
                 白地図に描く
                 大人の塗り絵

Photo_4

                   最後の援軍
                   元農業者様
                    最大の条件
                  向かえよ宇宙人
                   至上の宝物

Photo_5

Photo_2
             最後の援軍 ルビコンたるか

 

2014年4月11日 (金)

第四稿Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域

                       Ⅰ-2 人間の領域 鳥獣の領域                      平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」)

Photo_2

                         納税者拒否
       里山と呼ぶは個人財産 管理責任のすり替え                                                     
          費やすは税金 所有権 あきめくら

Photo_6

           消えゆく小道 消えゆく歴史
               今 通るものは
            お返し しよう 八洲の地を

Photo_7

       果たした百姓の使命 迷惑をかけずに残す
           侵略者 鳥獣の敵 耕地返還

Photo_10

          変わる 人間の領域 鳥獣の領域

2014年4月 6日 (日)

第二蜂場 整備

それぞれは言う 優良地形の一角 元々優良農地 今は荒れている。 農業委員も 委員会も 行政も 何もできない。 なぜ? 空事のなすりつけあい。 

Photo_15

これは第二蜂場 紆余曲折して借り受ける きれいにします 草を刈ります で借りる。 環境整備無償の提案。 ツタに覆われた中は 猪か蛇か狸か知れぬ。 国も言う。 里山 農地保全? これが農政と農家と税金投入の実態。

Photo_16

狸も蛇もものともせず ばっさばっさ ジャングルは 大地に還る。隣接の農地 リンゴ畑であったそうな。 地主さんも荒れように愕然としてた。 即頼みます。

Photo_17

上は2013年の11月の姿 下は2014年の1月の姿

Photo_19

300坪という話だが 400くらいありそう。 この直線で4回草刈り×3列+2列 多い。 隣の畑で温室栽培の方が トラクター使用を申し出てくれた。 この地で初めての好意。 顔役 口利きからは一切なかったこと。 これがあっと言う間の天地返し。

Photo_20

2014年4月 5日 (土)

第四稿Ⅰ-1 消えるべくして

平成22年 隣市の 「環境再生プロジェクト」 に10のカテゴリーを提案 実証中。 原点の再確認の記録。 (本文は右下の「ウエブページ」) 

Photo_14

         「消えるべくして」   「遠く近い記憶」

Photo_3

            「里山はなぜ生まれたか」  
            「里山はなぜ荒れるのか」
            「里山はだれのものか」

   総務省:札幌 気仙沼も人口減の仲間入り(2014・2・13)
   国交省:2050年 国の2割で住民ゼロ   (2014・2・28) 

           農業をやめても 農家たるのか

Photo_4

          「農業をやめた土地持ち非農家」

            石ころ一つに先祖がからむ

腰骨も折れる開墾の辛さ 子に継がせず 子は因襲の集落を去る てんでんバラバラ まとまりつかず 良田畑も「荒地」でひとくくり。

Photo_12

2014年1月 3日 (金)

此のセラピーロード④ 駅より谷筋へ

ローカルの駅で降りる 県道を越えて目印の寺に向かう 

Photo

横の神社脇を抜け 城址方向へ 地形上か 近くにも城址がある

Photo_2

このあたりの城址は何もない 寄らずに過ぎて 左の竹藪の小道を降りる 

Photo_3

降りて右へ 泉のある公園に出る 車で来て 場所に詳しい人はこの公園の駐車場に停めると楽

Photo_4

奥は杉林 水のしみ出るところを渡る 道は未整備 要整備 

Photo_6

やがて鉄塔に至る そこの沢沿いの小路を上る 夫婦杉を抜ける

Photo_7

すこし進むと セラピーロード①に紹介した落ち葉の路に至る 陽だまりの場所へ

Photo_9

2013年12月30日 (月)

此のセラピーロード③ 里山ウオーク

その昔 北条氏が治めたこの地 風魔小太郎の里の一つとの伝えもある 畑ばかりだが 豊かであったと。 Sasuthinaburu Satoyama・セラピーロードにと目するこの地は 市街地に近いがなぜか分校があった里

神社を下ると集落の別れ路に出る ここからは「里山ウオーク」 右手方向に行く 集落の中を通る路 バス停はある

Photo_2

バス停の前 古い石碑が建つ 大きいな いわれは何だろうか 右手に見て左の路に入る

Photo_4

狭い道 立て込む家 寺 集落の中心地であろうか

Photo_5

茶工場脇を抜けると隣の集落への三叉路に出る 世に知られた尊徳翁も歩いたらしい そちらには行かない 市街地に向かう

Photo_3

ようやく林地を抜けた 遠く大山を望む

Photo_7

広域農道を横切る 右へ曲がる 

Photo_8

このコースのポイント 産屋原の辻 左は農園ユートピア 右は次の里山ウオーク この辻を中心にして有志が 奮闘する Sasuthinaburu Satoyama 

Photo_7

 

2013年12月23日 (月)

此のセラピーロード② 神社へ

広域農道にかかる陸橋を渡る 唯一ある橋 なぜここにだけあるのだろう 高低差だけではない気がする

Photo_5

右にまがってさらに右に曲がると茶畑 古老の話では この集落のずっと下と ずっと上を繋ぐ 古の道であった

Photo_6

茶畑を出て右手下方に向かう 古の道は左に進むが その道は使われてない 藪に覆われている 確かにあることは 歩いて確かめた                                                                       

Photo_9

右手に降りると 砂防ダムの上流に出る その沢筋を左に上がる

Photo_11

日当たりよし 風当りなし するとこうなる これ12月に満開

Photo_12

上り続けると最奥の民家に出る その手前を右に曲がって市道に出る なにやら懐かしい田舎道 みな家の裏はこうだった

Photo_15

このコースのゴールは神社 どこでもゆかり深いものだ なぜかこのコースを歩いてその夜は 心やすらけく・・・

Photo_14