無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

みつばちネットワーク

セミナー尽くし簾の向こう

{1}Recycle
①許されている2つの薬剤は使用期間があり 使用した蜂蜜は食用は不可  とされている 表向きは廃棄とされている しかし 時  に 代用蜜源として給餌しても 人間に食用として出荷したという 違反にはならないのだ。

②1群、2群程度であれば薬剤使用した蜂蜜の 廃棄は容易であるが数十、数百の群れの蜜の廃棄は容易ではない 産業廃棄物として 問題となる。ならないのはなぜか。

③単純に考えて 廃棄しているとは考えられない ましてや隣国では ありえない 断言できる範疇。 それを輸入して「純粋」の表示で販売できる我が国の対応は 悪質の一衣帯水の集団ではあるまいか。

{2}成分基準 (以下 ○○協議会規約を参考とする)
①国外から蜂蜜を輸入し それを販売するにあたり 輸入者が、成分が適正であると説明するために設けたもの。 任意団体である。 国内生産者が指摘されて 設けたものではない。これが経緯。

 
②穿ってみれば 成分の果糖及び ぶどう糖、しょ糖に見分けがつかなかければ 本質的に適正も不適正も証明できない代物といえる。ここに最大のうまみがある。 TPPその他糖類に利権は生じては いまいか。

 

③規約において「はちみつ類」とは、はちみ つ、精製はちみつ加糖はちみつ巣はちみつ及び 巣はちみつ入りはちみつとある。さらに「加糖はちみつ」とは、はちみつに異性化液糖その他の糖類を加えたものであっ て、はちみつの含有量が重量百分比で60パーセント 以上のものをいう。 とある。 結論を言えば、40%は蜂蜜でなくてよい と認めている。  これを 上から下までの機関が認めているのだ。
 
④仮に 国内産蜂蜜の生産量が5%として + 40%を加糖 + 隣国の輸入品55% と計算すれば これをわが国では 純粋蜂蜜と称してもよい、表示してもよいと 言わしめる背景は何か。
黄土に脅かされ 大河を涸らし 地獄油を供する国に 蜜源が豊富で 安価な蜂蜜が生産できるか否や はなはだ疑問と言わざるをえない 蜜蜂の横に砂糖水その他を置けば いくらでも生産は可能。
 
⑤市販の蜂蜜製品に「純粋」の文字がある。
特定事項の表示基準) 第4条 事業者は、はちみつの容器又は包装に、次の各 号に掲げる事項を表示する場合には、それぞれ当該各 号に定める基準に従い表示しなければならない。 (1) 純粋等 はちみつに「純粋」、「天然」、「生」、「完熟」、「ピ ュア」、「ナチュラル」、「Pure」、「Natura l」その他これらと類似の意味内容を表す文言を表 示しようとする場合には「純粋」又は「Pure」 という文言に統一して行わなければならない。     何!。
                                                                                           
○○協議会(任意提出)に加入すれば純粋表示が可能になる。国民は、消費者はこれをご存知であろうか。 国は、消費者庁は、県は、保健所は 忙しすぎるのであろうか。
 
{3}法の執行 ポリネーション 
①養蜂振興法の改正により 1群でも 日本蜜蜂でも 今飼育してなくても 届け出が必要となった。 日本蜜蜂が家畜という概念を打ち立てたのは誰か。
 
ポリネーションのみの農家は届出は不要 ポリーネーション終了後は廃却処分せよ であるから。 これが届出不要の理由
 
③行政は認識している。処分されないものがあることを知っている。 片や1群でも届けろと言い、片や放置による耐性ダニ製造を 見えぬふりする。 ここにも一衣帯水。
 
④効果の落ちた 許可されている2種類の薬剤。 巷では 密かに流布されている 密かな薬品使用。 それは何だろうか。

{4}勘違いするなかれ
①○○協議会規約はあくまで私的団体といえる これを一衣帯水一連が 当然のごとく持ち出すのは 何としたことか



②この規約において「事業者」とは、はちみつ類を製 造して販売する者、輸入して販売する者又はこれらに 準ずる者をいう。

③○○協議会は、この規約に参加する事業者をも って構成する。行政がこの わたくし的団体に 参加を示唆、誘導、強制するとなれば反響は大きい。

④本来の、「純粋」の蜂蜜を愛する人たちは 40%の何物をかと、 55%の輸入品を混濁して 純粋と称して販売する者 ではないと信ずる。 ○○協議会規約はご加入してどうぞ ご活用いただければと・・・。